両エースが不調も・・・ 注目のハイライトはこちら!【2018.04.15】

4月15日(現地時間14日)の注目のハイライトをまとめました!

 

 

<スポンサードリンク>

両エースがシュートタッチに苦しむシーソーゲームの行方は・・・

Mandatory Credit: Dan Hamilton-USA TODAY Sports

エア・カナダ・センターで行われたトロント・ラプターズ対ワシントン・ウィザーズの一戦は、114-106でラプターズが勝利しました。

 

両エースのシュート率が30%台と、シュートタッチに苦しんだ試合は、第4クォーターまでシーソーゲームの展開となります。

 

それでもラプターズは96-95の1点リードで迎えた第4クォーター残り7分10秒から、9-0のランを決め勝利に結びつけました。

 

勝利したラプターズは、このシリーズを1勝0敗としています。

 

一方の敗れたウィザーズは、このシリーズを0勝1敗としています。

 

試合の詳細はこちら

 

76ersが後半で爆発!

ウェルズ・ファーゴ・センターで行われたフィラデルフィア・76ers対マイアミ・ヒートの一戦は、130-103で76ersが勝利しました。

 

前半を56-60の4点ビハインドで折り返した76ersでしたが、JJ・レディックベン・シモンズを中心に後半を74-43と圧倒しファーストラウンド初戦をものにしました。

 

勝利した76ersは、このシリーズを1勝0敗としています。

 

一方の敗れたヒートは、このシリーズを0勝1敗としています。

 

試合の詳細はこちら

 

ウォリアーズが一度もリードを許さず完勝!

オラクル・アリーナで行われたゴールデンステート・ウォリアーズ対サンアントニオ・スパーズの一戦は、113-92でウォリアーズが勝利しました。

 

ウォリアーズは序盤から堅いディフェンスでスパーズを苦しめると、オフェンスではクレイ・トンプソンが27得点、ケビン・デュラントが24得点の活躍を見せ、初戦を勝利で飾っています。

 

勝利したウォリアーズは、このシリーズを1勝0敗としています。

 

一方の敗れたスパーズは、このシリーズを0勝1敗としています。

 

試合の詳細はこちら

 

▼ケビン・デュラントは24得点、8リバウンド、7アシストの活躍!!▼

 

終盤の猛攻に耐えたペリカンズが先勝!

モダ・センターで行われたポートランド・トレイルブレイザーズ対ニューオリンズ・ペリカンズの一戦は、97-95でペリカンズが勝利しました。

 

トレイルブレイザーズはオフェンスに苦しんだものの、ペリカンズも決定的な場面を作り出せず12点リードで第4クォーターに突入します。

 

第4クォーター中盤までは二桁リードのあったペリカンズでしたが、そこからトレイルブレイザーズの猛追で最大1点差まで詰め寄られます。

 

それでも最後は、ドリュー・ホリデーが鮮やかなブロックショットを見せるなどし、逃げ切ることに成功しました。

 

勝利したペリカンズは、このシリーズを1勝0敗としています。

 

一方の敗れたトレイルブレイザーズは、このシリーズを0勝1敗としています。

 

試合の詳細はこちら

 

▼ジュルー・ホリデーのスーパーブロック!!▼

 

本日のトップ5プレイ!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください