早くも2チームが王手! 注目のハイライトはこちら!【2018.04.20】

4月20日(現地時間19日)の注目のハイライトをまとめました!

 

 

<スポンサードリンク>

ペリカンズがアップセットへ王手!

スムージー・キング・センターで行われたニューオリンズ・ペリカンズ対ポートランド・トレイルブレイザーズの一戦は、119-102でペリカンズが勝利しました。

 

ここ2戦は接戦となった戦いでしたが、この日はペリカンズが第4クォーターに最大33点差を付け快勝。

 

ペリカンズのニコラ・ミロティッチは、フィールドゴール15本中12本と大当たりで30得点を挙げ、チームを勝利に導きました。

 

勝利したペリカンズは、このシリーズを3勝0敗とし、アップセットに王手をかけています。

 

一方の敗れたトレイルブレイザーズは、このシリーズを0勝3敗としています。

 

試合の詳細はこちら

 

▼第3クォーターまでに30得点!!▼

 

ウォリアーズが3連勝で王手!

AT&Tセンターで行われたサンアントニオ・スパーズ対ゴールデンステート・ウォリアーズの一戦は、110-97でウォリアーズが勝利しました。

 

グレッグ・ポポヴィッチHCが不在のスパーズに前半は攻めあぐねたウォリアーズでしたが、この日も得意の第3クォーターから徐々にリードを広げると、第4クォーターもきっちりリードを保ち3連勝を飾りました。

 

ウォリアーズのケビン・デュラントは26得点9リバウンドの活躍で、チームの勝利に貢献しました。

 

勝利したウォリアーズは、このシリーズを3勝0敗としています。

 

一方の敗れたスパーズは、このシリーズを0勝3敗としています。

 

試合の詳細はこちら

 

▼この日も安定感を見せたが・・・?▼

 

エンビードが復帰!76ersが敵地で勝利!

アメリカン・エアラインズ・アリーナで行われたマイアミ・ヒート対フィラデルフィア・76ersの一戦は、128-108で76ersが勝利しました。

 

第3クォーターまで接戦が続いた試合でしたが、第4クォーター開始早々に76ersが11-1のランを決めると、その後も76ersのペースに。

 

結局第4クォーターを32-14と圧倒した76ersが敵地で勝利を収めています。

 

この日、眼窩骨折から復帰しマスクを付けて試合に臨んだ76ersのジョエル・エンビードは、チーム最多の23得点を挙げ、チームの勝利に貢献しました。

 

勝利した76ersは、このシリーズを2勝1敗としています。

 

一方の敗れたヒートは、このシリーズを1勝2敗としています。

 

試合の詳細はこちら

 

▼初のプレイオフで堂々たる復帰!!▼

 

本日のトップ10プレイ!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください