ジェームズ&シモンズ 1年目の成績を比較してみると衝撃の事実が・・・

(引用元:http://thehoopdoctors.com/2017/12/lebron-james-once-told-ben-simmons-he-has-the-opportunity-to-be-better-than-me/)

どうも、コッコちゃんです!

 

今季、新人王最有力候補とも言われているフィラデルフィア・76ersのベン・シモンズ

 

シモンズの噂としてよく耳にするのが、NBAナンバーワンプレイヤーの呼び声高いレブロン・ジェームズとの比較ですね。

 

「将来のレブロン・ジェームズ」と言われるほどの逸材であるシモンズの実力はいかほどか・・・

 

実際に1年目の成績を比較してみたので、見ていきましょう!

 

ジェームズは2003-04シーズンのスタッツ、シモンズは2017-18シーズンのスタッツ

 

出場記録は・・・

G MPG MIN
ジェームズ 79 39.5 3122
シモンズ 81 33.7 2732

※G=出場試合数、MPG=平均出場時間、MIN=合計出場時間

 

どちらもほぼ全ての試合に出場していますが、この時からジェームズの体力は別格で、40分近い平均出場時間を記録しています。

 

とはいえシモンズも全試合スタメン出場で、平均30分以上を記録しており、新人選手ながら十分な出場時間を確保しています。

 

得点力&シュート率は・・・

PPG FG% 3P% FT%
ジェームズ 20.9 41.7(622/1492) 29.0(63/217) 75.4(347/460)
シモンズ 15.8 54.5(544/998) 0.0(0/11) 56.0(191/341)

※PPG=平均得点、FG%=平均フィールドゴール成功率、3P%=平均スリーポイントシュート成功率、FT%=平均フリースロー成功率、()内は(成功数/試投数)

 

得点力ではジェームズの方が一枚上手です。

 

シモンズは、ジェームズに比べインサイドやミドルレンジのショットの成功率が高いものの、ジェームズが苦手としたスリーポイントシュートやフリースローで、ジェームズ以上に低いスタッツを記録してしまっています。

 

▼1年目のジェームズのトップ10プレイ!!▼

 

リバウンド&アシストは・・・

RPG OFF DFF AST
ジェームズ 5.5 1.3 4.2 5.9
シモンズ 8.1 1.8 6.3 8.2

※RPG=平均リバウンド数、OFF=平均オフェンスリバウンド数、DFF=平均ディフェンスリバウンド数、AST=平均アシスト数

 

リバウンド、アシスト面ではシモンズの完勝です。

 

リバウンド、アシストでともに8.0本以上のスタッツを叩き出すのはただでさえ難しいため、既にリーグトップクラスのオールラウンダーになっていると言っても過言ではないでしょう。

 

▼今季のシモンズのベストアシスト集!!▼

 

スティール&ブロック&ターンオーバーは・・・

SPG BPG TO
ジェームズ 1.6 0.7 3.4
シモンズ 1.7 0.8 3.4

※SPG=平均スティール数、BPG=平均ブロック数、TO=平均ターンオーバー数

 

こちらのスタッツはほぼ互角です。

 

ツッコミどころが無いほどに似た成績で、1年目のディフェンスの質やミスの多さは同じようなものかもしれませんね(笑)

 

まとめ

(引用元:http://basketballstuff.org/index.php/2017/11/28/ben-simmons-hurts-ankle-76ers-lose-cavaliers-113-91-monday-night-philly/cropped_lebron_simmons/)

いかがでしたか?

 

こうして表でまとめると気づくのですが、1年目のジェームズシモンズでは、プレイスタイルが大きく違っています。

 

ジェームズの1年目は「スコアラー型」で、シモンズの1年目は「オールラウンダー型」です。

 

ジェームズが「オールラウンダー型」となったのはクリーブランド・キャバリアーズに戻ってきてからの話で、どちらかと言えばジェームズの方からシモンズに近づいているような感じにも見えます。

 

シモンズは他で例えるならラッセル・ウェストブルックドレイモンド・グリーンなどが近いかもしれませんね。

 

とはいえ、この若さでこれだけの活躍を魅せているからこその「将来のレブロン・ジェームズ」であるかと思われますので、これからの活躍もぜひ期待したいところです。

 

それでは!

 


”NBA”を楽しむには?

世界最高峰のバスケットボールリーグ…それが”NBA”。初めての方から長年のファンまで、その超次元な舞台を楽しみたい方にオススメします。



2Kシリーズ最新作「NBA2K19」




シリーズ累計8,000万本の売り上げを誇るNBA公認のバスケットボールゲーム!本場NBAの興奮やリアリティを体感しましょう!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください