ボグダノヴィッチが覚醒! 注目のハイライトはこちら!【2018.04.21】

4月21日(現地時間20日)の注目のハイライトをまとめました!

 

 

<スポンサードリンク>

ボグダノヴィッチの活躍でペイサーズが2勝目!

バンカーズ・ライフ・フィールドハウスで行われたインディアナ・ペイサーズ対クリーブランド・キャバリアーズの一戦は、92-90でペイサーズが勝利しました。

 

前半終了時に17点差を付けられていたペイサーズでしたが、第4クォーターの残り8分38秒にビクター・オラディポがフリースローを決め75-75の同点に。

 

77-77で迎えた残り6分10秒、ペイサーズのボーヤン・ボグダノヴィッチがスリーポイントシュートとを決めつつファウルをもらい4点プレイを成立させます。

 

さらに81-77で迎えた残り5分41秒にも再びボグダノヴィッチがスリーポイントシュートを決め、流れを引き寄せたペイサーズがホームで2勝目を挙げています。

 

ボグダノヴィッチはこの日、両チーム最多となる30得点を挙げ、勝利に貢献しました。

 

勝利したペイサーズは、このシリーズを2勝1敗としています。

 

一方の敗れたキャバリアーズは、このシリーズを1勝2敗としています。

 

試合の詳細はこちら

 

▼ボーヤン・ボグダノヴィッチが大活躍!!▼

 

バックコートコンビの復調で・・・

(引用元:http://www.raptorsrepublic.com/)

キャピタル・ワン・アリーナで行われたワシントン・ウィザーズ対トロント・ラプターズの一戦は、122-103でウィザーズが勝利しました。

 

第3クォーターまでに19点差を付けたウィザーズは、ジョン・ウォールブラッドリー・ビールがともに28得点と復調。

 

ラプターズから18ターンオーバーを奪ったウィザーズが1勝を返しています。

 

勝利したウィザーズは、このシリーズを1勝2敗としています。

 

一方の敗れたラプターズは、このシリーズを2勝1敗としています。

 

試合の詳細はこちら

 

バックスが快勝で1勝目!

(引用元:http://uwmpost.com/featured-sports/preview-for-games-3-and-4-of-bucks-celtics-what-the-bucks-need-to-do-to-win)

BMO・ハリス・ブラッドリー・センターで行われたミルウォーキー・バックス対ボストン・セルティックスの一戦は、116-92でバックスが勝利しました。

 

第1クォーターを27-12と圧倒したバックスは、その後も危なげない試合展開を繰り広げ、ホームで1勝目を飾っています。

 

バックスのクリス・ミドルトンは23得点8リバウンド7アシストでいずれもチーム最多の数字を叩き出し、勝利に貢献しました。

 

勝利したバックスは、このシリーズを1勝2敗としています。

 

一方の敗れたセルティックスは、このシリーズを2勝1敗としています。

 

試合の詳細はこちら

 

本日のトップ10プレイ!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください