サンダー&ジャズ 第5戦はより見応えが・・・?【NBAプレイオフ2018】

(引用元:http://thecomeback.com/nba/jae-crowder-ejected-after-elbowing-an-unfazed-steven-adams-in-the-face-during-jazz-thunder.html)

どうも、コッコちゃんです!

 

さて、ファーストラウンド第4戦のオクラホマシティ・サンダー対ユタ・ジャズの一戦は、びっくりするぐらい”小競り合い””露骨な挑発”が見られました。

 

見ている私たちからすればヒヤヒヤしたり、むしろより熱狂したかもしれません。

 

ということで今回は、一触即発な両チームの第4戦の振り返りと、第5戦への注目をまとめてみました!

 

早速見ていきましょう!

 

第4戦の振り返り

▼たった一試合でこれだけの争いが・・・▼

サンダーは、ラッセル・ウェストブルックポール・ジョージのストレスがかなり溜まっていたことでしょう。

 

とくにウェストブルックは第2クォーターまでに4つのファウルをもらっており、完全に苛立つ様子が見受けられました。

 

ジョージも執拗なディフェンスや挑発に乗せられ、ウェストブルックほどではありませんが苛立ちは見せていました。

 

精神面も含めて完全に試合をコントロールしていたジャズですが、その中でも大きな仕事をしたのがジョー・イングルズジョエ・クラウダーの2人。

 

特にイングルズの、ジョージへの挑発はとてつもないものでした。

 

あれは誰でも嫌がりますよね・・・(笑)

 

クラウダーも所構わず相手を誘い出し、イラつかせたのは称賛すべきです。

 

スタッツ面ではウェストブルックジョージに敵いませんが、精神面を刺激することで相手に悪い流れをもたらしたのは素晴らしかったのではないでしょうか?

 

さらにもうひとつの武器となったのはホームであったこと。

 

その環境があったからこそ、思う存分仕掛けることができたのでしょう。

 

▼有名な政治家のミット・ロムニーも挑発・・・▼

 

第5戦は見応え十分

これだけしてやられたサンダーですから、選手もファンも黙っていないことでしょう。

 

第5戦はサンダーがホームとなるため、ジャズを仕返す絶好の機会と思っている可能性はあります。

 

サンダーからジャズに挑発を仕掛けてくるかもしれません。

 

もしそうなった場合、ジャズは冷静に対応できるかが見どころとなります。

 

対応できなければ、第4戦のサンダーのように完全にペースを乱されてしまうでしょう。

 

第4戦の影響で、後がないサンダーの戦略や、王手をかけたジャズの対応力に注目できるかもしれません。

 

まとめ

いかがでしたか?

 

もしかするとこの争いは来季以降も言われるかもしれません。

 

それほど多くの争いが起きたからです。

 

とはいえまずは第5戦。

 

目の前の試合をどのように制すのか・・・

 

非常に楽しみですね!

 

それでは!

 


”NBA”を楽しむには?

世界最高峰のバスケットボールリーグ…それが”NBA”。初めての方から長年のファンまで、その超次元な舞台を楽しみたい方にオススメします。



2Kシリーズ最新作「NBA2K19」




シリーズ累計8,000万本の売り上げを誇るNBA公認のバスケットボールゲーム!本場NBAの興奮やリアリティを体感しましょう!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください