終盤の追い上げを耐えたウォリアーズがファーストラウンド突破! 注目のハイライトはこちら!【2018.04.25】

4月25日(現地時間24日)の注目のハイライトをまとめました!

 

 

<スポンサードリンク>

堅守に苦しむもウォリアーズがシリーズ突破!

(引用元:https://www.goldenstateofmind.com/2018/4/24/17270786/nba-playoffs-2018-warriors-vs-spurs-game-5-preview)

オラクル・アリーナで行われたゴールデンステート・ウォリアーズ対サンアントニオ・スパーズの一戦は、99-91でウォリアーズが勝利しました。

 

第3クォーター終了時に14点差を付けていたウォリアーズですが、第4クォーターはスパーズの堅守に苦しみ、残り57.2秒には2点差まで詰め寄られます。

 

それでも直後のタイムアウト明けのプレイで、ウォリアーズのケビン・デュラントがショットを決め点差を引き離すと、スパーズのは痛恨のターンオーバーをしてしまい決着となりました。

 

ウォリアーズのドレイモンド・グリーンは、17得点19リバウンド7アシストの活躍でチームの勝利に貢献しました。

 

勝利したウォリアーズは、このシリーズを4勝1敗とし、ファーストラウンド突破を決めています。

 

一方の敗れたスパーズは、このシリーズを1勝4敗とし、プレイオフ敗退が決定しました。

 

試合の詳細はこちら

 

第3クォーターを制した76ersがシリーズ突破!

ウェルズ・ファーゴ・センターで行われたフィラデルフィア・76ers対マイアミ・ヒートの一戦は、104-91で76ersが勝利しました。

 

48-48の同点で迎えた第3クォーター残り10分39秒から、76ersは連続9得点を挙げペースを掴むと、そのまま第3クォーターを34-20と圧倒し4勝目を挙げました。

 

76ersのJJ・レディックは、スリーポイントシュート5本成功を含む27得点の活躍でチームの勝利に貢献しました。

 

勝利した76ersは、このシリーズを4勝1敗とし、カンファレンスセミファイナルへ駒を進めました。

 

一方の敗れたヒートは、このシリーズを1勝4敗とし、プレイオフ敗退が決定しました。

 

試合の詳細はこちら

 

▼頼れるベテランが貢献!!▼

 

接戦を制したセルティックスが王手!

(引用元:http://host.madison.com/sports/basketball/professional/horford-smart-lift-celtics-over-bucks—for-/article_3c484977-e72e-589f-81e0-15116ddd2c60.html)

TDガーデンで行われたボストン・セルティックス対ミルウォーキー・バックスの一戦は、92-87でセルティックスが勝利しました。

 

第3クォーター終了時に11点のリードがあったセルティックスですが、第4クォーターに徐々に詰められ残り19.0秒には3点差まで迫られます。

 

しかし最後はフリースローで逃げ切り、セルティックスがファーストラウンド突破に王手をかけています。

 

セルティックスのアル・ホーフォードは、22得点14リバウンドの活躍でチームを勝利に導きました。

 

勝利にしたセルティックスは、このシリーズを3勝2敗としています。

 

一方の敗れたバックスは、このシリーズを2勝3敗としています。

 

第6戦は、4月26日にBMO・ハリス・ブラッドリー・センターで行われる予定です。

 

試合の詳細はこちら

 

本日のトップ10プレイ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください