セルティックスが完勝しカンファレンスセミファイナル進出! 注目のハイライトはこちら!【2018.04.29】

4月29日(現地時間28日)の注目のハイライトをまとめました!

 

 

<スポンサードリンク>

第2クォーター以降はセルティックスがリードを許さず!

TDガーデンで行われたボストン・セルティックス対ミルウォーキー・バックスのファーストラウンド第7戦は、112-96でセルティックスが勝利しました。

 

第1クォーター中盤に10-15とされたセルティックスですが、ここから第1クォーター終了時まで20-2のランを決め、30-17とリードを奪います。

 

第2クォーターには2点差、第3クォーターには3点差まで詰められることのあったセルティックスですがその都度、連続得点で逃げ切ることに成功。

 

第4クォーターには危なげない戦いを見せ、この日最大となる19点差を付けるなどし、勝利を収めました。

 

セルティックスのアル・ホーフォードは26得点8リバウンド、テリー・ロジアーは26得点6リバウンド9アシストの活躍で勝利に貢献しました。

 

勝利したセルティックスは、このシリーズを4勝3敗とし、カンファレンスセミファイナルへ進出しました。

 

一方の敗れたバックスは、このシリーズを3勝4敗とし、プレイオフ敗退が決定しました。

 

カンファレンスセミファイナル第1戦は、5月1日にTDガーデンでフィラデルフィア・76ersと対戦予定です。

 

▼テリー・ロジアーが重要な一戦で大活躍!!▼

 

中盤の猛攻でウォリアーズが先勝!

オラクル・アリーナで行われたゴールデンステート・ウォリアーズ対ニューオリンズ・ペリカンズのカンファレンスセミファイナル第1戦は、123-101でウォリアーズが勝利しました。

 

51-46で迎えた第2クォーター残り7分6秒から、ウォリアーズは25-2のランを決めるなどし、76-55で前半を折り返します。

 

後半になっても勢いの止まらないウォリアーズは、第3クォーターも27-19で圧倒し早々に決着としました。

 

ウォリアーズはクレイ・トンプソンが27得点、ケビン・デュラントが26得点13リバウンド、ドレイモンド・グリーンが16得点15リバウンド11アシスト3スティールの活躍で、チームの勝利に貢献しました。

 

勝利したウォリアーズは、このシリーズを1勝0敗としています。

 

一方の敗れたペリカンズは、このシリーズを0勝1敗としています。

 

第2戦は、5月2日にオラクル・アリーナで行われる予定です。

 

▼第1戦からトリプルダブル!!▼

 

本日のトップ5プレイ!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください