ジェームズが45得点でペイサーズを撃破! 注目のハイライトはこちら!【2018.04.30】

4月30日(現地時間29日)の注目のハイライトをまとめました!

 

 

<スポンサードリンク>

頼れるエースが大活躍!

クイックン・ローンズ・アリーナで行われたクリーブランド・キャバリアーズ対インディアナ・ペイサーズのファーストラウンド第7戦は、105-101でキャバリアーズが勝利しました。

 

キャバリアーズのレブロン・ジェームズは最初からエンジン全開で、前半だけで26得点を記録します。

 

前半を54-43で折り返したキャバリアーズでしたが、第3クォーターはペイサーズに2-16のランを決められ、一時逆転を許します。

 

それでも76-74のキャバリアーズ2点リードで迎えた第4クォーターは、ジョージ・ヒルケビン・ラブが得点を稼ぎ、徐々にリードを広げ勝利を飾りました。

 

キャバリアーズのジェームズは、45得点9リバウンド7アシスト4スティールの活躍で、チームを勝利に導きました。

 

勝利したキャバリアーズは、このシリーズを4勝3敗とし、カンファレンスセミファイナルへ進出しました。

 

一方の敗れたペイサーズは、このシリーズを3勝4敗とし、プレイオフ敗退が決定しました。

 

カンファレンスセミファイナルの第1戦は、5月2日にエア・カナダ・センターでトロント・ラプターズと行われる予定です。

 

試合の詳細はこちら

 

▼大事な一戦でも魅せた!!▼

 

前半を圧倒したロケッツが先勝!

トヨタ・センターで行われたヒューストン・ロケッツ対ユタ・ジャズのカンファレンスセミファイナル第1戦は、110-96でロケッツが勝利しました。

 

前半を64-39で折り返したロケッツは、後半にやや点差を縮められるも危なげない戦いを見せました。

 

ロケッツは試合を通じて17本のスリーポイントシュートを決めるなど、カンファレンスセミファイナルの初戦でも好調ぶりを発揮し、シリーズ1勝目を挙げました。

 

ロケッツのジェームス・ハーデンは、41得点8アシスト7リバウンドの活躍で、チームの勝利に貢献しました。

 

勝利したロケッツは、このシリーズを1勝0敗としています。

 

一方の敗れたジャズは、このシリーズを0勝1敗としています。

 

第2戦は、5月3日にトヨタ・センターで行われる予定です。

 

試合の詳細はこちら

 

▼7本のスリーポイントシュート成功を含む41得点!!▼

 

本日のトップ5プレイ!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください