第4クォーターに堅守が生きる!ジャズが敵地で1勝目! 注目のハイライトはこちら!【2018.05.03】

5月3日(現地時間2日)の注目のハイライトをまとめました!

 

[event_blocks title=”” event=”” team=”0″ league=”0″ season=”125″ venue=”0″ status=”default” date=”default” day=”5/3″ number=”5″ orderby=”default” order=”default” show_all_events_link=”0″ align=”none”]

 

第4クォーターの堅守と猛攻!

(引用元:http://www.beinsports.com/en/nba/news/jazz-fend-off-rockets-comeback-even-series-1/862471)

トヨタ・センターで行われたヒューストン・ロケッツ対ユタ・ジャズのカンファレンスセミファイナル第2戦は、116-108でジャズが勝利しました。

 

前半を64-55とリードして折り返したジャズですが、第3クォーターからは一転して5点差以内の接戦になります。

 

それでも92-94とジャズが2点ビハインドで迎えた第4クォーター残り7分48秒、ジャズのダンテ・エクサムのスリーポイントシュートを皮切りに、約4分間で16-2のランを決め、敵地で貴重な1勝を挙げています。

 

第4クォーターのジャズは、リーグトップクラスのオフェンス力を誇るロケッツをフィールドゴール、スリーポイントシュートをともに20%台に抑え、完全に攻守で上回りました。

 

さらにこの試合は、かなりのファウルトラブルとなり、ジャズはドノバン・ミッチェルエクサムが5ファウル、ルディ・ゴベアが4ファウルをコールされ、ロケッツはジェームス・ハーデンクリス・ポールが5ファウル、クリント・カペラが4ファウルをコールされる展開となりました。

 

ジャズは、ジョー・イングルズが27得点、ミッチェルが17得点11アシスト2スティール、ゴベアが15得点14リバウンド3ブロックの活躍で、勝利に貢献しています。

 

勝利したジャズは、このシリーズを1勝1敗としています。

 

一方の敗れたロケッツは、このシリーズを1勝1敗としています。

 

第3戦は、5月5日にビビント・スマート・ホーム・アリーナで行われる予定です。

 

試合の詳細はこちら

▼両チーム最多の7本のスリーポイントシュートを沈めたジョー・イングルズ!!▼

 

本日のトップ5プレイ!

 


”NBA”を楽しむには?

世界最高峰のバスケットボールリーグ…それが”NBA”。初めての方から長年のファンまで、その超次元な舞台を楽しみたい方にオススメします。



2Kシリーズ最新作「NBA2K19」




シリーズ累計8,000万本の売り上げを誇るNBA公認のバスケットボールゲーム!本場NBAの興奮やリアリティを体感しましょう!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください