なぜラプターズはキャバリアーズに勝てない!?【NBAプレイオフ2018】

 

(引用元:https://www.latimes.com/sports/nba/la-sp-cavaliers-raptors-capsule-20180430-story.html)

どうも、コッコちゃんです!

 

カンファレンスセミファイナルのトロント・ラプターズのクリーブランド・キャバリアーズの対決も第3戦が終わりましたが・・・

 

ここまでキャバリアーズが3戦全勝と、なんだかあっけない感じがしますね。

 

妥当でしょうか?興醒めでしょうか?

 

でも皆さん、よく考えてみてください!

 

今季のラプターズはデマー・デローザンの時代になって以来、最高とも言える好成績を残しています。

 

その強さは本物で、攻守にわたって隙はなく、今季こそ球団史上初のファイナル進出できるのではないかと言われたほどです。

 

それがカンファレンスセミファイナルという道半ばで、しかも今季不調だったはずのキャバリアーズに0勝3敗という崖っぷちまで立たされることがあり得るのでしょうか?

 

ですが現実は現実。

 

ラプターズがキャバリアーズに勝てない理由はとても気になります。

 

と、言う前に・・・

 

勝てないのは少し前から

(引用元:https://blog.gtbets.eu/raptors-vs-cavs-playoffs-odds-betting-advice/)

ラプターズがキャバリアーズに勝てないのは、今に始まったことではないのです。

 

その始まりは2年前、カンファレンスファイナルでラプターズはキャバリアーズに2勝4敗で敗れました。

 

昨季のプレイオフでは、今と同じカンファレンスセミファイナルでキャバリアーズと激突。

 

結果はキャバリアーズのスウィープ。

 

そして今季も全く同じようなことが起きようとしています。

 

さらに昨季と今季のレギュラーシーズンは、どちらもキャバリアーズに負け越しています。

 

なぜここまで勝てないのでしょうか?

 

ラプターズ自体は・・・

(引用元:https://www.raptorsrepublic.com/)

一つは、よく言われる”相性”というものがあります。

 

ですが、今回はもう少し掘り下げてみましょう。

 

私が最も気になったのは、「ラプターズのプレイオフにおける”対キャバリアーズ戦”のスタッツ」です。

 

対決したこの3年間のスタッツを見てみましょう。

 

▼ラプターズのプレイオフでの対キャバリアーズ戦の平均スタッツ▼

PPG FG% 3P% FT% RPG APG SPG BPG TO
2018 108.3 47.8 37.4 82.1 42.0 22.0 3.0 6.3 14.0
2017 101.0 45.3 30.0 83.1 35.5 22.0 7.3 4.0 10.8
2016 90.3 43.9 28.9 72.1 35.0 16.2 6.3 2.8 12.8

 

さて、この表から判断できること・・・

 

それは「ラプターズは間違いなく強くなっていること」です。

 

特にオフェンス面のスタッツは著しく伸びていることがみてとれます。

 

さらにこのスタッツ以外にも、得失点差ではここ2年間で約-15点あったものが、今季のプレイオフでは-7.0と半分以上カットすることに成功しています。

 

このチーム力の強化は、ほぼ100点と言っても良いぐらいです。

 

勝てない本当の理由は・・・

(引用元:https://www.raptorsrepublic.com/)

ではなぜ勝てないか、簡単に言えば「キャバリアーズを抑えられていない」からです。

 

▼キャバリアーズのプレイオフでの対ラプターズ戦の平均スタッツ▼

PPG FG% 3P% FT% RPG APG SPG BPG TO
2018 115.3 49.1 39.5 75.4 38.3 22.7 5.7 4.0 7.0
2017 116.3 49.7 46.6 82.2 43.0 23.3 6.8 5.0 13.8
2016 105.8 49.7 38.9 76.4 42.5 21.5 7.2 4.2 12.7

 

昨季、キャバリアーズにはカイリー・アービングがいましたが、今季もオフェンス面はさほど低下していません。

 

特にターンオーバーは驚異の7.0本と、ラプターズは全くミスを誘発できていないことがわかります。

 

これではラプターズがいくら強化されても届きませんね。

 

まとめ

結論を言うと「ラプターズは強くなったが、キャバリアーズを抑える力が付いていない」のです。

 

確かに差は縮まりました。

 

なぜならラプターズは強くなったからです。

 

しかし追い抜くことはできません。

 

なぜならキャバリアーズを抑える力を備えていなかったからです。

 

ラプターズがここから4連勝で巻き返すでしょうか?

 

それはつまりレブロン・ジェームズ擁するキャバリアーズが4連敗することになります。

 

それはほぼ不可能に近い形と言えます。

 

それでもラプターズは巻き返すのでしょうか?

 

1位通過の意地に注目したいですね。

 

それでは!

 

待望の最新作
「NBA 2K20」

シリーズ累計9,000万本の売上を誇るNBA公認のバスケットボールゲーム!
待望の最新作「NBA 2K20」をプレイし、本場NBAの感動や興奮を体感しましょう!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください