ケイシーHCを解任すべき?

※追記:5月12日、ラプターズはドウェイン・ケイシーHCの退任を発表しました。

 

どうも、コッコちゃんです!

 

球団史上初のレギュラーシーズンを1位で終える大躍進を見せたトロント・ラプターズ。

 

勢いをそのままに球団史上初のNBAファイナル進出を目指した矢先、レブロン・ジェームズ擁するクリーブランド・キャバリアーズに2年連続でスウィープされる不甲斐ない結果となってしましました。

 

ということで今回は、そんなラプターズを指揮したドウェイン・ケイシーHCを解任すべきか考えてみましょう。

 

 

ドウェイン・ケイシー(Dwane Casey)の通算成績

(引用元:https://online–news.com/2018/05/09/dwane-casey-expects-to-coach-the-raptors-next-season/)

G W L PCT
RS通算 558 320 238 .573
PO通算 51 21 30 .411

※RS=レギュラーシーズン PO=プレイオフ PCT=勝率

 

2011年、トロント・ラプターズのヘッドコーチに就任したケイシーHC

 

就任1年目と2年目こそは負け越しプレイオフ出場とはならなかったものの、就任3年目の2013-14シーズンに48勝34敗と大きく成績を伸ばし、自身初のプレイオフ出場を果たします。

 

以降は現在に至るまでプレイオフには連続出場と、レギュラーシーズンの成績は申し分ないです。

 

一方、プレイオフの成績は苦しんでおり、最高でも2015-16シーズンに進出したカンファレンスファイナルまでとなっています。

 

今季の総評

良かった点

レギュラーシーズンの采配はほぼ100点満点と言ってもいいぐらいでしょう。

 

これまでの中心選手は変わらずとも、球団史上最多勝となる59勝を達成しました。

 

オフェンシブおよびディフェンシブ・レーティングでリーグ5位以内に入る攻守の強さを発揮させただけでなく、最長の連敗もリーグトップの2連敗と安定感を見せました。

 

今季の年間最優秀コーチの座に堂々と立てるだけの手腕は見せました。

 

悪かった点

昨季よりステップアップしていただけに、キャバリアーズに2年連続のスウィープされたことは最大の失態というほかないかもしれません。

 

キャバリアーズはカイリー・アービングの移籍によって戦力は弱体化していたにもかかわらず、結局誰ひとりとしてジェームズを止めることは出来ませんでした。

 

最大のチャンスが目の前にあったにもかかわらず、対応力や修正力の弱さが露呈してしまったのは悪かった点と言えるでしょう。

 

ケイシーHCは解任すべき?

(引用元:https://clutchpoints.com/raptors-news-dwane-casey-says-demar-derozan-wasnt-reason-toronto-lost/)

「イエス」か「ノー」かで言えば・・・

それでは本題に入りましょう。

 

ラプターズはケイシーHCを解任すべきでしょうか?

 

個人的な見解としては「イエス」です。

 

今のラプターズは間違いなくイースト屈指の強豪チームであり、それはケイシーHCのおかげである部分も大きいことでしょう。

 

もしケイシーHCを続投すれば、確実にあと数年間はプレイオフに出場できるかもしれません。

 

しかしその後はどうでしょうか?

 

改めて考えてレブロン・ジェームズを打倒できる策があるのか、新たに台頭してきたボストン・セルティックスやフィラデルフィア・76ersに必ず勝てると言い切れるか。

 

プレイオフで勝てない実績を考えれば、いっそのこと一からチームを作り直すこともアリではないでしょうか?

 

しかし別の道も・・・

とはいえ、今のが全ての答えではありません。

 

先程の結論は「ラプターズがロスターを変更しなかった場合」です。

 

つまりデマー・デローザンカイル・ラウリーを主力とし続けるならばケイシーHCは解任すべきです。

 

逆に言うと、ケイシーHCを続投するならばデローザンラウリーを放出し、さらにイーストで戦えるチームを再編したほうが良いということですね。

 

ケイシーHCデローザンラウリーではNBAチャンピオンはおろか、いつまでたってもNBAファイナルに辿り着けないことでしょう。

 

まとめ

いかがでしたか?

 

昨季のセルティックスはイースト1位を通過しながら、プレイオフではラプターズ同様にキャバリアーズに惨敗しました。

 

そしてセルティックスはチームを大きく再編し、実際に成功の一歩手前まで来ています。

 

今こそ、ラプターズも大きな決断を下すべき時なのかもしれませんね。

 

これらはあくまで個人的な見解ですので、人それぞれ意見が分かれるかと思います。

 

よければ皆さんの意見もぜひ聞かせてください。

 

それでは!

 

 


”NBA”を楽しむには?

世界最高峰のバスケットボールリーグ…それが”NBA”。初めての方から長年のファンまで、その超次元な舞台を楽しみたい方にオススメします。



2Kシリーズ最新作「NBA2K19」




シリーズ累計8,000万本の売り上げを誇るNBA公認のバスケットボールゲーム!本場NBAの興奮やリアリティを体感しましょう!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください