カリーの膝はパフォーマンスに影響しているのか【NBAプレイオフ2018】

(引用元:http://thesportsdaily.com/2018/05/18/stephen-curry-opens-up-about-knee-injury/)

どうも、コッコちゃんです!

 

さて、今回のテーマは最近ちらほら目にする「ステフィン・カリーの膝」についてです。

 

ゴールデンステート・ウォリアーズのカリーは、3月23日に左膝内側側副靭帯損傷により離脱しましたが、5月2日のプレイオフカンファレンスセミファイナルの第2戦で復帰しました。

 

しかしここまでシュートが思うように入らなかったり、らしくないファンブルをしたり、ディフェンスではあっさり抜かれてしまうシーンが見受けられることがありました。

 

この現状から、「カリーの不調は膝の影響」という意見もありますが、実際はどうなのでしょうか?

 

オフェンス面

GP MIN PTS FG% 3P% FT% AST TOV AST/TO OFFRTG
RS 51 32.0 26.4 49.5 42.3 92.1 6.1 3.0 2.03 120.4
PO 6 32.3 22.0 46.5 36.2 95.5 4.8 3.0 1.61 110.0

※AST/TO=1ターンオーバーあたりの平均アシスト数、OFFRTG=オフェンシブ・レーティング

 

まずはじめに伝えなければならないこと、それは「レギュラーシーズンのオフェンス力が驚異的に高かったこと」です。

 

今季のレギュラーシーズンでのカリーのオフェンス力は、自身のキャリアで1位、2位を争うほどのパフォーマンスでした。

 

特にシュート率は、ほぼ50-40-90クラスです。

 

オフェンシブ・レーティング(100ポゼッションあたりの平均得点)は、キャリアハイの平均120.4得点で、73勝9敗を達成した2年前に比べてもはるかにアップしています。

 

では問題視されている今年のプレイオフはどうでしょうか?

 

プレイオフ特有の厳しいディフェンスにより、シュート率は低下し、1ターンオーバーあたりのアシスト数も減少しています。

 

しかし2年前のプレイオフ、カリーはファーストラウンドで右足首と右膝を負傷しました。

 

当時と比べると、今年のプレイオフはパフォーマンスはそこまで悪化しておらず、問題視するほどではないと言えます。

 

ただ、もしひとつ改善すべきスタッツがあるとすれば、過去3年間のプレイオフで成功率40%以上を記録してきたスリーポイントシュートでしょうか。

 

ディフェンス面

STL DFG% DEFRTG NETRTG
RS 1.6 47.2 105.7 14.7
PO 1.7 53.4 101.4 8.5

※DFG%=平均被フィールドゴール成功率、DFFRTG=ディフェンシブ・レーティング、NETRTG=ネットレーティング

 

ディフェンス面はどうでしょうか?

 

膝の故障がカリーのディフェンス力低下と思ったら、それは間違いと言えます。

 

そもそも、今季はレギュラーシーズンからカリーのディフェンス力は低下しています。

 

最も注目すべきはディフェンシブ・レーティング(100ポゼッションあたりの平均失点数)で、レギュラーシーズンの平均105.7点はキャリアワーストの記録です。

 

もちろん1ポゼッションごとのペースが上がったことも一つの要因ですが、ネットレーティング(100ポゼッションあたりの得失点差)が過去4年間で最低であることを考えれば、言い訳は出来ないでしょう。

 

それに比べて、今年のプレイオフは奮闘しています。

 

特にディフェンシブ・レーティングは過去3年間で最も良い成績となっており、ディフェンスリバウンドなども積極的に確保している場面も見られます。

 

ただ、元々のディフェンスが良くないためか、簡単にショットを決められる場面があるのも事実です。

 

被FG%に至っては、今年のプレイオフで平均50%以上を記録されています。

 

とはいえ、これらは膝の影響となんら関係がないことは分かっていただけたのではないでしょうか?

 

まとめ

いかがでしたか?

 

カリーの膝の影響は、9割方関係ないと言ってもいいぐらいです。

 

強いて言うのであれば、膝の故障で空いた1ヶ月ほどのブランクを取り戻しきれていないと言うべきです。

 

ですが、きっとここからさらに調子を上げてくることでしょう。

 

前年王者の顔として、再び大活躍する場面に期待したいですね。

 

それでは!

 


”NBA”を楽しむには?

世界最高峰のバスケットボールリーグ…それが”NBA”。初めての方から長年のファンまで、その超次元な舞台を楽しみたい方にオススメします。



2Kシリーズ最新作「NBA2K19」




シリーズ累計8,000万本の売り上げを誇るNBA公認のバスケットボールゲーム!本場NBAの興奮やリアリティを体感しましょう!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください