第3クォーターに強いウォリアーズの、異次元すぎる”ネット・レーティング”【NBAプレイオフ2018】

(引用元:http://www.beinsports.com/us/nba/news/warriors-sink-rockets-force-game-seven/885279)

どうも、コッコちゃんです!

 

第3クォーターに強いと言われ続けているゴールデンステート・ウォリアーズ。

 

皆さんはそれをどこまで知っていますか?

 

スコアを見るたびにウォリアーズが第3クォーターを大きくリードしているのを見ると、「やっぱり第3クォーターは強いな・・・」なんて感じると思います。

 

ですがそれはあくまで表面上の数字であり、その中身はもっと異次元な数字で満ちています。

 

中でも特筆したいのが”レーティング”です。

 

▼レーティングについて▼

Read more

 

100ポゼッションあたりの平均得点を示すオフェンシブ・レーティング(OFFRTG)、平均失点を示すディフェンシブ・レーティング(DFFRTG)、平均得失点差を示すネット・レーティング(NETRTG)を用いて、ウォリアーズの第3クォーターの異次元さを見ていきましょう。

 

▼ウォリアーズの第3クォーターのレーティング▼

OFFRTG DFFRTG NETRTG
RS 118.7 100.2 18.5
PO 125.5 92.4 33.1

 

これがウォリアーズのレギュラーシーズンとプレイオフにおける第3クォーターのレーティングですが、極めて異質と言うほかないでしょう。

 

ただでさえ高いレーティングを残している第3クォーターですが、レギュラーシーズンよりプレッシャーのかかるプレイオフの方が、遥かに高い数値を数値を残しています。

 

実は今年のプレイオフ、オフェンシブ・レーティングではワシントン・ウィザーズが、ディフェンシブ・レーティングではインディアナ・ペイサーズの方が成績を残していますが、ここで注目すべきが、ネット・レーティングです。

 

▼プレイオフでの第3クォーターにおける各チームのレーティング▼

OFFRTG DFFRTG NETRTG
ウォリアーズ 125.5(2位) 92.4(2位) 33.1(1位)
ウィザーズ 127.6(1位) 107.4(8位) 20.2(2位)
ペイサーズ 108.6(6位) 90.2(1位) 18.4(3位)

 

ウォリアーズ、ウィザーズ、ペイサーズは、第3クォーターのネット・レーティングでもトップ3に入っていますが、それでも1位のウォリアーズと2位のウィザーズとは12.9点もの差が付いています。

 

さらに分かりやすくするため、各クォーターのネット・レーティング1位のチームと比較してみましょう。

 

▼プレイオフにおける各クォーターのネット・レーティング1位のチーム▼

チーム NETRTG
1Q トロント・ラプターズ 11.6
2Q ミルウォーキー・バックス 28.2
3Q ゴールデンステート・ウォリアーズ 33.1
4Q ポートランド・トレイルブレイザーズ 16.1

 

第2クォーターはミルウォーキー・バックスは28.2点と高い数字を残していますが、それでも30点を超えているのはウォリアーズだけです。

 

そして何より素晴らしいのが、この異次元なレーティングを継続してきたことです。

 

1997年以降のプレイオフで、どこかのクォーターでネット・レーティングが30点を超えたチームは5チームありますが、その全てがカンファレンスセミファイナルまでに散っています。

 

つまりウォリアーズは、1997年以降で唯一のネット・レーティングが30点を超えているクォーターがあるNBAファイナリストなのです。

 

 

全7戦に渡る死闘を繰り広げたヒューストン・ロケッツですらも、第3クォーターだけは完敗であり、挙句の果てにはそれが勝敗へと繋がってしまいました。

 

ウォリアーズの第3クォーターというのは、「ただ強い」のではなく「歴史的な強さ」を秘めています。

 

おそらくNBAファイナルでもクリーブランド・キャバリアーズに牙をむくことでしょう。

 

一体どんな展開になるのか、楽しみですね。

 

それでは!

 


”NBA”を楽しむには?

世界最高峰のバスケットボールリーグ…それが”NBA”。初めての方から長年のファンまで、その超次元な舞台を楽しみたい方にオススメします。



2Kシリーズ最新作「NBA2K19」




シリーズ累計8,000万本の売り上げを誇るNBA公認のバスケットボールゲーム!本場NBAの興奮やリアリティを体感しましょう!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください