ピストンズの4人のHC候補をチェック!

どうも、コッコちゃんです!

 

5月の初めにスタン・ヴァン・ガンディHCを解任したデトロイト・ピストンズ。

 

現在は空席となっているヘッドコーチですが、4人の候補がいるようです。

 

それぞれチェックしてみましょう。

 

ジェイソン・キッド(Jason Kidd)

(引用元:https://www.gamblingsites.org/blog/nba-betting-coach-will-fired-next/)

選手歴 1994-1996 ダラス・マーベリックス

1996-2001 フェニックス・サンズ

2001-2008 ニュージャージー・ネッツ

2008-2012 ダラス・マーベリックス

2012-2013 ニューヨーク・ニックス

指導歴 2013-2014 ブルックリン・ネッツ

2014-2018 ミルウォーキー・バックス

 

現役時代には、歴代屈指の司令塔として名を馳せたジェイソン・キッド

 

引退後はネッツのヘッドコーチに就任しプレイオフに進むも、カンファレンスセミファイナルでレブロン・ジェームズ擁するマイアミ・ヒートに敗北します。

 

さらにフロント陣とも関係が悪かったこともあり、キッドは他チームとの交渉権を与えれます。

 

2014-15シーズン以降はミルウォーキー・バックスと契約し、3年間で2度のプレイオフ進出を果たします。

 

しかし2018年1月22日、チームは8位でプレイオフ圏内だったものの解任され、チームのエースであるヤニス・アデトクンボらが反対するも、それは叶わず職を失うこととなりました。

 

ドウェイン・ケイシー(Dwane Casey)

(引用元:https://www.thestar.com/sports/raptors/2013/06/19/dwane_casey_to_return_as_raptors_coach_next_season.html)

選手歴 無し
指導歴 1979-1980 ケンタッキー大学(AC)

1980-1985 西ケンタッキー大学(AC)

1985-1989 ケンタッキー大学(AC)

1989-1992 積水化学

1992-1994 いすゞ自動車リンクス

1994-2005 シアトル・スーパーソニックス(AC)

2005-2007 ミネソタ・ティンバーウルブズ

2007-2011 ダラス・マーベリックス(AC)

2011-2018 トロント・ラプターズ

 

日本でも指導歴のある名将、ドウェイン・ケイシー

 

2011年にアシスタントコーチとしてマーベリックスのNBAチャンピオンに貢献したのち、ラプターズのヘッドコーチに就任しました。

 

2013-14シーズン以降はレギュラーシーズンの勝率5割以上を維持し続け、5年連続プレイオフ出場を果たしました。

 

2017-18シーズンにはチーム史上最多勝となる59勝を挙げるも、プレイオフでは2年連続でクリーブランド・キャバリアーズに敗れることに。

 

プレイオフ敗退後、チームと双方合意の上でラプターズのヘッドコーチから退くことになりました。

 

ジュワン・ハワード(Juwan Howard)

(引用元:https://clutchpoints.com/juwan-howard-was-inspired-to-become-a-coach-by-david-fizdale/)

選手歴 1994-2001 ワシントン・ブレッツ/ウィザーズ

2001-2002 ダラス・マーベリックス

2002-2003 デンバー・ナゲッツ

2003-2004 オーランド・マジック

2004-2007 ヒューストン・ロケッツ

2007-2008 ダラス・マーベリックス

2008 デンバー・ナゲッツ

2008-2009 シャーロット・ボブキャッツ

2009-2010 ポートランド・トレイルブレイザーズ

2010-2013 マイアミ・ヒート

指導歴 2013- マイアミ・ヒート

 

現役時代に8つものチームを渡り歩いたジュワン・ハワード

 

2012年、2013年とNBAチャンピオンに輝いたのちに現役を引退し、以降はヒートのアシスタントコーチを努めています。

 

2008年以降、チームを10年間で8度のプレイオフに導いている名将エリック・スポールストラHCの元でアシスタントコーチをしているだけに、ハワード氏の手腕も期待できるかもしれません。

 

ケニー・スミス(Kenny Smith)

(引用元:http://www.zimbio.com/pictures/LhZFab1S7n5/Hoops+Legend+Kenny+Smith+Named+Gentleman+Jack/FAlf-cmQfjY)

選手歴 1987-1990 サクラメント・キングス

1990 アトランタ・ホークス

1990-1996 ヒューストン・ロケッツ

1996 デトロイト・ピストンズ

1996 オーランド・マジック

1996-1997 デンバー・ナゲッツ

指導歴 無し

 

現役時代にNBAチャンピオン連覇に貢献したケニー・スミス

 

引退後はアメリカの番組である『TNT』のNBA中継の解説者として活躍、2005年から2008年にはニューヨーク・ニックスの解説者を努めています。

 

ニューヨーク・ポストのマーク・バーマン氏によると、スミス氏は4月に『シリウス・XMラジオ』で「TNTでの18年間は多くの機会が用意してあり、コーチングもその一つだった。情報の準備や貯蓄、選手からコーチとの信頼関係、大学のバスケットボールからファイナルフォー、AAUチームまで、全ての要素が私により多くの指示をだす準備をしてくれた。」と語りました。

 

まとめ

いかがでしたか?

 

来季はアンドレ・ドラモンドブレイク・グリフィンレジー・ジャクソンらが健康な状態で始められる最初のシーズンです。

 

これまでとは違ったロスターなだけに、指揮官の手腕も相当重要になってきます。

 

はたして誰が就任するのか、楽しみですね。

 

それでは!

 

待望の最新作
「NBA 2K20」

シリーズ累計9,000万本の売上を誇るNBA公認のバスケットボールゲーム!
待望の最新作「NBA 2K20」をプレイし、本場NBAの感動や興奮を体感しましょう!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください