デアンドレ・ジョーダンがロケッツへの移籍を希望!?

(引用元:https://wallpaperpa.com/hdwallpaper/deandre-jordan-pictures.html)

どうも、コッコちゃんです!

 

早速ですが、今年のロケッツはオフの話題がさらに増えそうな予感です。

 

クリス・ポールのやクリント・カペラの引き留め、レブロン・ジェームズポール・ジョージの獲得などありますが・・・

 

今回話題に挙がったのはなんとロサンゼルス・クリッパーズのデアンドレ・ジョーダン

 

この夏、プレイヤーオプションを保持するジョーダンも注目のFA選手の一人ですが、一体どんな考えを持っているのか見ていきましょう。

 

ロケッツの選手に”不満”を漏らした?

『USA TODAY』のケリー・イコ氏によると、ジョーダンは1月のロケッツとの対戦後にロケッツの複数の選手と話し合ったとし、その際に現状の”不満”を語り他チームでのプレイを指摘したと言われています。

 

昨年にはクリス・ポールがロケッツに移籍し、シーズン中にはブレイク・グリフィンがデトロイト・ピストンズに移籍しました。

 

解体されたクリッパーズのビッグ3のうち、唯一残されたジョーダンも我慢の限界が近づいているのかもしれません。

 

さらにヒューストンはジョーダンの故郷であるため、移籍の可能性はより高いとも言われています。

 

”トレード”の指摘があったが・・・

一時期、ジョーダンをロケッツに送りたいのであれば”トレード”も1つの手段であると指摘されました。

 

その対象は、クリント・カペラです。

 

しかしプレイオフでロケッツはNBAチャンピオンに近づき、カペラを放出する必要性がほとんどなくなりました。

 

確かにビッグマンの能力としては、カペラよりジョーダンの方が多少勝っているかもしれませんが、カペラが24歳なのに対しジョーダンは29歳です。

 

将来的に見れば、ジョーダンよりもカペラの方が価値は高いのではないでしょうか。

 

当初は残留希望だったが・・・

3月に去就について聞かれたジョーダンは「あと10年はこのチームに居たい」とコメント。

 

しかし時には明言を避けることもあり、実際の考えはクリッパーズも掴めないような状態です。

 

さらにジョーダンは2015年にダラス・マーベリックスとの契約を口頭合意しながら、6日後にクリッパーズと契約するという”前科”があるため、ジョーダンがどういった行動に出るかはいっそう分かりません。

 

まとめ

いかがでしたか?

 

確かにロケッツがジョーダンを獲得するのも最良な一手の一つかもしれませんが、今年のロケッツは他のことにも手を回さねばならず、かなり忙しいです。

 

クリス・ポールクリント・カペラの対処に時間や資金を割くことを考えると、ジョーダンの移籍は少し微妙なところかもしれません。

 

しかし、ジョーダンがロケッツでプレイしているのを見るのも、それはそれで楽しみなものです。

 

はたして彼は本当にチームを離れ、ロケッツに移籍するのでしょうか?

 

それでは!

 


”NBA”を楽しむには?

世界最高峰のバスケットボールリーグ…それが”NBA”。初めての方から長年のファンまで、その超次元な舞台を楽しみたい方にオススメします。


待望の最新作
「NBA 2K20」

シリーズ累計9,000万本の売上を誇るNBA公認のバスケットボールゲーム!
待望の最新作「NBA 2K20」をプレイし、本場NBAの感動や興奮を体感しましょう!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください