2018年のオフシーズンをつまらないとは言わせない!

(引用元:https://nesn.com/2018/06/who-chris-bosh-thinks-lebron-james-should-sign-with-if-he-wants-to-win-another-title/)

どうも、コッコちゃんです!

 

2017-18シーズンもレギュラーシーズンとポストシーズンが終わり、ついにオフに突入することとなりました。

 

オフになると、どのスポーツでも熱が冷めてしまうのが定め・・・

 

とは言わせませんよ!

 

オフには、レギュラーシーズンやポストシーズンでは味わえないような興奮や緊張感を味わうことができます。

 

当サイト「NBAとぴっくす」では皆さんがオフシーズンでも退屈にならないよう、日々のビッグニュースや、それをもとに様々な独自の記事をご提供していきますので、ぜひ楽しみにしていてください!

 

ということで今回は、2018年のオフシーズンの見どころを簡単にご紹介していきましょう。

 

NBAドラフト2018

まず直近のイベントは”NBAドラフト2018”です。

 

日本時間6月22日に行われるため、忘れないように要チェックです。

 

注目選手はなんと言っても、ユーロリーグの若きスターことルカ・ドンチッチ、アリゾナ大の野性味あふれる即戦力デアンドレ・エイトン。

 

その他にも、名門デューク大のエースとして活躍したマービン・バグレー三世や、抜群の身体能力や得点力を誇るミズーリ大のマイケル・ポーターJrなど、ポテンシャルを秘めた選手はたくさんいます。

 

またどのチームが誰を指名するかだけでなく、指名権を巧みに使ったトレードなども非常に面白いため、今後の各チームの動向は見逃せませんね!

 

移籍市場

今年の”移籍市場”は、例年以上の盛り上がりを見せること間違いなしです。

 

マーケットが解禁されるのは日本時間7月2日からなので、こちらも忘れずに要チェックです。

 

今年の大物フリーエージェントはやはりクリーブランド・キャバリアーズのレブロン・ジェームズ

 

しかしそれ以外にもビッグネームはたくさんおり、オクラホマシティ・サンダーのポール・ジョージカーメロ・アンソニー、ニューオーリンズ・ペリカンズのデマーカス・カズンズ、ロサンゼルス・クリッパーズのデアンドレ・ジョーダンなど、面白そうな展開になることが期待できます。

 

ゴールデンステート・ウォリアーズのケビン・デュラントや、ヒューストン・ロケッツのクリス・ポールあたりも残留濃厚とはいえ、まだ確定では無いため目を見張る必要性はありますね。

 

また、トレード関連ではサンアントニオ・スパーズのカワイ・レナードやトロント・ラプターズのデマー・デローザン、シャーロット・ホーネッツのケンバ・ウォーカーらを筆頭に注目できそうです。

 

どれだけ盛り上がるかは、各チームの手腕次第。

 

特にロサンゼルス・レイカーズは膨大なキャップスペースを有していることから、一体どんな動きを見せるのか非常に楽しみですね。

 

まとめ

いかがでしたか?

 

ゴールデンステート・ウォリアーズが2年連続NBAチャンピオンとなったことで、各チームはこれまで以上の改革を迫られることでしょう。

 

2月に大型トレードを行なったクリーブランド・キャバリアーズのように、今夏も大胆な動きを見せるチームがあるか楽しみですね。

 

当サイト「NBAとぴっくす」で、つまらなくないオフシーズンを満喫しましょう!

 

お楽しみに!

 

待望の最新作
「NBA 2K20」

シリーズ累計9,000万本の売上を誇るNBA公認のバスケットボールゲーム!
待望の最新作「NBA 2K20」をプレイし、本場NBAの感動や興奮を体感しましょう!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください