レイカーズに必要な最初の一手は”カワイ・レナードの獲得”

(引用元:http://allthe2048.com/community-games/nba-players-2017.html)

どうも、コッコちゃんです!

 

膨大なキャップスペースを有し、今夏最大の注目チームであるロサンゼルス・レイカーズですが、依然として誰を獲得するのか曖昧な状態が続いています。

 

しかし、時間とともにその選択肢はほとんど絞られてきたのでは無いでしょうか。

 

レイカーズが夏の補強に向けて最初に打つべき一手は、”カワイ・レナードの獲得”です。

 

それがなぜなのか、明確にしていきましょう。

 

レブロン獲得に向けたトレード

レイカーズへの移籍の話題で特に注目されていたのが、レブロン・ジェームズカワイ・レナードポール・ジョージの3人です。

 

ですが、レブロンは未だに自身のプレイヤーオプションをどうするか明らかにしておらず、どんな判断を下すのは不透明なままです。

 

ポール・ジョージはオクラホマシティ・サンダーでの残留の噂が強まっているため、ジョージを獲得できる可能性は低くなっています。

 

レイカーズには、上記の3人のうち2人と契約するだけの資金を持ち合わせているため、ジョージが駄目ならレブロンとレナードを獲得するという選択肢が残るのです。

 

そしてレイカーズにレブロンを呼ぶために必要なことは、レナードというビッグネームを加えることが最良の手段ではないでしょうか。

 

そのためにもレイカーズはレナードを獲得することを明確にし、スーパーチームを完成させることに意欲的にならなければなりません。

 

ただしトレードは容易ではない

レイカーズには潤沢な資金と、カワイ・レナードの移籍希望という2つのアドバンテージを持っています。

 

それでも、このトレードを成立させるには困難を極める可能性があります。

 

なぜならトレードを決めるのはレナードではなくスパーズだからです。

 

まず、スパーズは同じウェスタン・カンファレンスにレナードを放出することを嫌がっており、これはレイカーズにとって不利な状況の一つです。

 

そして『ESPN.com』によると、イースタン・カンファレンスのチームから、ボストン・セルティックスとフィラデルフィア・76ersがレナード獲得に向けて動き出していると伝えられています。

 

ボストン・セルティックスは、テリー・ロジアージェイレン・ブラウンといった若い選手に加え、カイリー・アービングゴードン・ヘイワードといったスター選手を提供できます。

 

フィラデルフィア・76ersは、マーケル・フルツダリオ・サリッチロバート・コビントンザイア・スミス、2021年のドラフト1巡目指名権といった組み合わせを提供できます。

 

これらの組み合わせは、現状にも将来的にも対応できるため、スパーズにとっては非常に魅力的です。

 

当然ですが、それ以前にスパーズにはレナードを残留させるという判断が可能であることからも、レイカーズがトレードを成立させるには容易でないことが伺えますね。

 

まとめ

いかがでしたか?

 

この夏にレイカーズはスーパーチームを築ける可能性が十分にあります。

 

そのためにも、まずは確実に”カワイ・レナードを獲得”し、本気でタイトルを狙いに行くという意思表示を明確にし、他の選手の興味を惹かせる必要があります。

 

全てはフロントの手腕次第です。

 

最大のチャンスを掴むのか、逃すのか・・・

 

残された時間はほとんどありません。

 

それでは!

 

待望の最新作
「NBA 2K20」

シリーズ累計9,000万本の売上を誇るNBA公認のバスケットボールゲーム!
待望の最新作「NBA 2K20」をプレイし、本場NBAの感動や興奮を体感しましょう!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください