マーベリックスがデアンドレ・ジョーダン獲得へ!? 注目の最新移籍情報を3つピックアップ!

どうも、コッコちゃんです!

 

今回は6月29日(現地時間28日)の最新移籍情報を3つピックアップします。

 

忘れずに要チェックですよ!

 

デアンドレ・ジョーダン(クリッパーズ)

(引用元:https://clipperholics.com/2018/02/03/trade-packages-deandre-jordan-los-angeles-clippers/)

来季の2410万ドル(約26億円)のプレイヤーオプションをどうするのか分からないロサンゼルス・クリッパーズのデアンドレ・ジョーダンですが、そんな彼をダラス・マーベリックスが獲得に向けて動き出しました。

 

ジョーダンは現地時間の6月29日までにオプションを行使してクリッパーズに残留するか、破棄してフリーエージェントになるか選択しなければなりません。

 

しかしマーベリックスは、そのどちらにも対応する考えを示しています。

 

もしジョーダンが残留するのであればトレードを、フリーエージェントになるのであれば新たな契約を提示することでしょう。

 

クリッパーズはジョーダンを含めたトレードに関して前向きであるため、ジョーダンがマーベリックスに移籍する可能性も少なからずあると言えます。

 

カワイ・レナード(スパーズ)

(引用元:http://forums.realgm.com/boards/viewtopic.php?t=1540993)

リーグのある情報筋からは、「サンアントニオ・スパーズが、レナードのトレードに対する準備ができている」と伝えられており、スパーズがついにトレードに踏み切る可能性は高そうです。

 

レナードの残留を第一に考えていたスパーズでしたが、関係の修復はおそらくほぼ不可能と見たのでしょう・・・

 

『ESPN』のアドリアン・ウォジナロウスキー氏によると、スパーズはロサンゼルス・レイカーズやボストン・セルティックスを始めとした複数のチームと交渉を行っているようです。

 

そして現状では、スパーズはセルティックスとのトレードに最も関心を抱いているようですが、セルティックスはかなり慎重なようで、レナードがどこにトレードされるかは依然として不透明な状態が続いています。

 

ポール・ジョージ(サンダー)

(引用元:https://wallpaperpa.com/hdwallpaper/paul-george-pictures.html)

オクラホマシティ・サンダーのポール・ジョージは、来季の2070万ドル(約22億円)のプレイヤーオプションをオプトアウトし、フリーエージェントとなることを決定しました。

 

以前からレイカーズでのプレイを希望していたジョージですが、現在はレイカーズへの移籍とサンダーでの残留のどちらにも「真剣な健闘をしている」と言い、移籍先がどうなるかはまだ分かりません。

 

ジョージがこの契約を破棄した理由は、次に契約するチームとマックス契約を結ぶためである可能性が高いと見られています。

 

その他にもフィラデルフィア・76ersやヒューストン・ロケッツも、ジョージの獲得について動く可能性があるため、ジョージ争奪戦にも熱が入りそうです。

 

待望の最新作
「NBA 2K20」

シリーズ累計9,000万本の売上を誇るNBA公認のバスケットボールゲーム!
待望の最新作「NBA 2K20」をプレイし、本場NBAの感動や興奮を体感しましょう!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください