2018年オフの移籍先が判明していない”5人の注目選手”は?

どうも、コッコちゃんです!

 

2018年のオフシーズンも様々な選手が移籍先を決定していますが、依然として判明していない選手がいるのも事実です。

 

ということで今回は、籍先が判明していない5人の注目選手をピックアップしていきます。

 

早速見ていきましょう!

 

クリント・カペラ(Clint Capela)

(引用元:https://www.youtube.com/watch?v=zgNUBslq3qA

チーム 契約状況
ヒューストン・ロケッツ 制限付きフリーエージェント

 

ロケッツのクリント・カペラは、制限付きフリーエージェントとなっていますが、まだロケッツとの再契約の合意に至っていないようです。

 

ロケッツとの再契約はほぼ確実と言われていますが、依然として情報が無いためどうなるかは分かりません。

 

今季は最優秀躍進選手賞のファイナリストに選ばれるほど大きな成長を遂げたため、他チームは少し高い契約となってでも欲しいはずでしょう。

 

今季230万ドルに見合わない活躍を魅せたカペラが、どれほどの契約を掴むことができるか楽しみですね。

 

カワイ・レナード(Kawhi Leonard)

(引用元:http://allthe2048.com/community-games/nba-players-2017.html)

チーム 契約状況
サンアントニオ・スパーズ トレード候補

 

どこに行くかは別として、すんなりトレードされるかと思っていたカワイ・レナードですが、意外にもスパーズはまだ動いていません。

 

一つの問題として挙げられるのは、”レナードが来夏にフリーエージェントとなる”ということです。

 

リーグ屈指のディフェンダーであるレナードを獲得できれば心強いですが、来夏にチームを離れてしまうリスクがあることを考えると、他のチームは手を出しづらいでしょう。

 

そのため様々な選手と単年契約を結んでいるレイカーズにトレードを持ち込めばスムーズに進みそうですが、それはスパーズがリスクを伴ってしまいます。

 

同カンファレンスの敵にスーパースターを渡すことは、自分たちの首を締めてしうことに繋がりかねないからですね。

 

とはいえスパーズがレナードを残しておくこともリスクがあります。

 

様々な思惑が飛び交う中で、どんな決断を下すのか今後も期待しましょう。

 

アイザイア・トーマス(Isaiah Thomas)

(引用元:http://www.sportingnews.com/nba/news/lakers-isaiah-thomas-debut-trade-cavs-stats-mavericks-loss-nba/13ihftzgqotvt1usjs2dv8do6e)

チーム 契約状況
ロサンゼルス・レイカーズ 無制限フリーエージェント

 

昨年セルティックスからキャバリアーズにトレードされ、そして今年にはレイカーズにトレードされたアイザイア・トーマスは、どこに向かうのでしょうか。

 

今季も故障に見舞われ32試合の出場に留まったため、得点力はあるものの強豪チームからのオファーはほぼ皆無と思われています。

 

現在の最有力移籍先はオーランド・マジックのようですが、既に29歳でポテンシャルはほぼ見込めないトーマスにどれほどの契約を提示するか注目ですね。

 

 
<スポンサードリンク>

マーカス・スマート(Marcus Smart)

(引用元:www.bostonherald.com/sports/celtics/2018/02/bulpett_if_celtics_deal_marcus_smart_it_will_be_for_a_significant_package

チーム 契約状況
ボストン・セルティックス 制限付きフリーエージェント

 

ディフェンス面で定評のあるマーカス・スマートは制限付きフリーエージェントとなっていますが、未だセルティックスから再契約のオファーは無いようです。

 

確かにディフェンスでの貢献度は高かったものの全体的な成績に大きな成長は無く、むしろ故障離脱で54試合の出場に留まりました。

 

それが再契約をするかどうかに響いているのかもしれませんね・・・

 

とはいえまだ24歳とポテンシャルは十分です。

 

もしセルティックスとの再契約が成立せずとも、ディフェンス力を強化したいチームからのオファーは十分に考えられるため、今後もどうなるか注目しましょう。

 

ザック・ラビーン(Zach LaVine)

(引用元:www.basketballinsiders.com/nba-daily-zach-lavine-has-solid-debut-with-bulls/

チーム 契約状況
シカゴ・ブルズ 制限付きフリーエージェント

 

左膝前十字靭帯断裂から復帰を果たしたザック・ラビーンは、他チームへ移籍をする可能性が高いかもしれませんね。

 

今季はわずか24試合の出場に留まったものの、ポテンシャルは十分に秘めており、長い目で見ればスターになる可能性はあります。

 

サクラメント・キングスとの契約の可能性が浮上していますが、どこに向かうのか楽しみにしましょう。

 

まとめ

いかがでしたか?

 

こうしてみるとオフの注目選手はまだまだ残っていますね。

 

上記の選手たちは特にチームにもたらしてくれるものがあるはずですから、どのチームが誰を獲得するのか期待しましょう。

 

それでは!

 

待望の最新作
「NBA 2K20」

シリーズ累計9,000万本の売上を誇るNBA公認のバスケットボールゲーム!
待望の最新作「NBA 2K20」をプレイし、本場NBAの感動や興奮を体感しましょう!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください