カーメロ・アンソニーの残留は”幸”か”不幸”か

(引用元:https://cdn.nba.net/nba-drupal-prod/styles/landscape/s3/2017-10/carmelo-anthony-home-uni-iso.jpg?itok=X0ufgsB5

どうも、コッコちゃんです!

 

今回は、オクラホマシティ・サンダーへの残留を望むカーメロ・アンソニーについてお話しましょう。

 

早速ですが、サンダーにとってアンソニーの残留は”幸””不幸”のどちらだと思いますか?

 

記事の最後に投票がありますので、ぜひ皆さんにも考えていただけると嬉しいです。

 

それでは見ていきましょう!

 

期待外れのシーズン

ラッセル・ウェストブルックポール・ジョージカーメロ・アンソニーというリーグ屈指のスコアラーを揃えながらも、レギュラーシーズンは4位、プレイオフではファーストラウンド敗退と、正直に言って期待外れのシーズンでした。

 

勝てなかった理由は様々ですが、カーメロ・アンソニー過去最悪のパフォーマンスだったことも一つの要因でしょう。

 

平均出場時間、平均得点、平均FG%は15年間の選手生活でいずれもキャリアワーストの成績であり、チーム環境の変化に対応できなかったことはもちろんですが、衰えが見え始めている部分もあります。

 

既に34歳を超えたアンソニーが、第一線で活躍するだけの爆発力を残しているのでしょうか?

 

あまりに高額すぎる年俸

アンソニーが残留する場合の来季の年俸は2700万ドル(約29億円)です。

 

それがどれだけ高額か、他の選手に置き換えてみましょう。

 

今季2700万ドル前後の年俸だった選手は、アンソニーの他にトロント・ラプターズのデマー・デローザン、ボストン・セルティックスのアル・ホーフォード、ポートランド・トレイルブレイザーズのデイミアン・リラードらがいます。

 

デローザンはラプターズをフランチャイズ最多勝に導きましたし、ホーフォードはエース不在のチームをカンファレンスファイナルまで連れていき、リラードもウェスト3位の好成績に貢献しました。

 

それだけの実績を残す選手が名を連ねている中で、アンソニーが今季残せたものは何でしょうか?

 

そういった懸念があるために、サンダーのアンソニー残留は問題視されてしまうのです。

 

 
<スポンサードリンク>

決定権はアンソニーにある

そしてこの問題の最大の焦点は、来季残留するかどうかの決定権がアンソニーにあるところです。

 

2014年にアンソニーは5年間の長期契約を結び、来季の2018-19シーズンは契約の5年目にあたります。

 

アンソニーは5年目の契約を破棄できるアーリー・ターミネーション・オプション(ETO)を保持していますが、これはいわゆるプレイヤーオプションのようなものなので、チームが干渉することはできません。

 

サンダーとしてはアンソニーにオプションを破棄してもらい、減俸を提示したいのが本音でしょう。

 

ですが大幅な減俸をされることが分かっているアンソニーが、2700万ドルという大金を簡単に手放したくないことも本音ではないでしょうか。

 

その決断を下すのがアンソニーである以上、サンダーができることはかなり限られてしまうということなのです。

 

まとめ

いかがでしたか?

 

ポール・ジョージも高額な契約で残留することが確実な今、アンソニーまで高額な契約を残せば、サンダーの資金が飽和してしまうのは容易に想像が付きます。(ラッセル・ウェストブルックも来季は3500万ドルと超高額・・・)

 

それで結果が出るならまだしも、今季の成績を見る限りではそんな自信など到底湧きません。

 

皆さんはどう評価しますか?

 

最初に言った通り投票を設けましたので、以下の4つの選択肢から選んでみてください。

 

それでは!

 

サンダーにとって、カーメロ・アンソニーが2700万ドルで残留することは・・・
  • 減俸であっても不幸である 48%, 19
    19 48%
    19 票 - 48%
  • 不幸である 43%, 17
    17 43%
    17 票 - 43%
  • 減俸であれば幸である 10%, 4
    4 10%
    4 票 - 10%
  • 幸である 0%, 0
    0
    0 票 - 0%
全体の票数: 40票
2018-07-07 - 2018-07-20
この投票は終了しました

 


”NBA”を楽しむには?

世界最高峰のバスケットボールリーグ…それが”NBA”。初めての方から長年のファンまで、その超次元な舞台を楽しみたい方にオススメします。



2Kシリーズ最新作「NBA2K19」




シリーズ累計8,000万本の売り上げを誇るNBA公認のバスケットボールゲーム!本場NBAの興奮やリアリティを体感しましょう!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください