レイカーズの最適なラインナップを徹底分析!

(引用元:https://www.slamonline.com/archives/lebron-james-intrigued-lakers-2018/

どうも、コッコちゃんです!

 

今夏のロサンゼルス・レイカーズは、レブロン・ジェームズラジョン・ロンドランス・スティーブンソンジャベール・マギーといった多くの選手を補強しました。

 

となると、やはり気になるのは選手の起用法ですよね。

 

ということで今回は、来季のレイカーズの最適なラインナップを徹底分析してみたいと思います!

 


<スポンサードリンク>

 

色々話しても仕方ないので、まずは私の考える最適なラインナップをご紹介しましょう。

 

選手 ポジション
ロンゾ・ボール PG
ブランドン・イングラム SG
レブロン・ジェームズ SF
カイル・クーズマ PF
ジャベール・マギー C

 

それでは解説を。

 

レイカーズのロブ・ペリンカGMが語ったように、レブロン・ジェームズの先発は間違いなく確定です。

 

レブロンには、スコアラーではなく高いバスケットボールIQを生かして”司令塔”の役割を任せるのが最適でしょう。

 

さらに、今季大活躍したブランドン・イングラムカイル・クーズマを起用したいのですが、残されたフォワードの枠はあと一つ・・・

 

ですがご心配なく。

 

イングラムはポジションレスな選手であるため、ガードのポジションをこなすことも容易です。

 

そのためクーズマをPFに(場合によってはレブロンとポジションを入れ替えるのもありですね)、イングラムをSGに起用することで、強力な布陣が出来上がります。

 

PGにはロンゾ・ボールラジョン・ロンドなのですが、レブロンがベンチに下がった時にロンドが司令塔の役割をこなすこと、若いボールに多くの出場時間を与えることを考えた結果、ボールを先発にするほうが良いと判断できます。

 

Cにはジャベール・マギーを起用することで、レブロンのリバウンド面での負担を減らすこともできるでしょう。

 

ベンチにはロンドジョシュ・ハートケンテイビアス・コールドウェル・ポープランス・スティーブンソンといった優秀な選手が揃っています。

 

ベンチのフロントコートのメンバーが足りなければ、ハートを先発起用し、クーズマをベンチ起用するという手も考えられますね。

 


<スポンサードリンク>

 

ちなみに、もう一つ変わったラインナップをご紹介しましょう。

 

選手 ポジション
ラジョン・ロンド PG
ジョシュ・ハート SG
ブランドン・イングラム SF
カイル・クーズマ PF
レブロン・ジェームズ C

 

これはゴールデンステート・ウォリアーズが起用しているような、いわゆる”スモールラインナップ”です。

 

ロンドを司令塔に残りの4人を走らせることができれば、爆発的な攻撃力を生み出すことが可能になります。

 

ビッグマン顔負けのパワーを持つレブロンがゴール下にいるわけですから、ディフェンス面でも大きな心配はいりませんね。

 

勝負所などでは、こういった起用も面白いのではないでしょうか。

 


<スポンサードリンク>

 

あくまでこれは私の独断での予想ですので、賛否両論はあるかと思います。

 

ペリンカGMは、トレーニングキャンプの結果次第で先発選手を決めると明言しているため、もしかすると全く予想外の起用法になるかもしれません。

 

ですが、今季のレイカーズは優秀な選手が多く揃っているため、きっとどんな起用法でも素晴らしい実力を発揮してくれることでしょう。

 

ぜひ皆さんも、この記事を参考に(?)レイカーズのラインナップを予想してみてはいかがでしょうか!

 

それでは!

 

待望の最新作
「NBA 2K20」

シリーズ累計9,000万本の売上を誇るNBA公認のバスケットボールゲーム!
待望の最新作「NBA 2K20」をプレイし、本場NBAの感動や興奮を体感しましょう!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください