キャバリアーズの新たな歴史は、ケビン・ラブとの契約延長から始まる!

(引用元:cavsnation.com)

どうも、コッコちゃんです!

 

昨夏にカイリー・アービングを、今夏にレブロン・ジェームズを失い、再建モードに突入したクリーブランド・キャバリアーズは、新たな歴史の第一歩としてケビン・ラブとの契約延長に合意しました。

 

『ESPN』のアドリアン・ウォジナロウスキー氏とブライアン・ウィンドホースト氏によると、この契約は4年1億2000万ドル(約133億円)相当と報じられています。

 

さらに『Cleveland.com』のジョエ・バードン氏は、この契約に条項やオプションが付けられておらず、ラブが契約できる最大限以下の契約とも伝えています。

 


<スポンサードリンク>

 

今夏のレブロンの移籍によってキャバリアーズの戦力低下は免れないものですが、ラブは長期に渡ってキャバリアーズでプレイすることを約束しました。

 

また、『NBA.com』の声明ではこのように語りました。

 

「僕はクリーブランドに来たとき、長期的な考えを持ってきた。僕は勝つためにここに来た。僕たちはそれを反映するための文化を作り上げた。僕はとても興奮していて、これ以上ない幸せだった。それは僕にとって大きなコミットメントであり、キャバリアーズからの大きなコミットメントだ。ダン・ギルバート、コービー・アルトマン、及び組織全体に感謝したい。」

 

「ここでプレイを楽しんで、僕たちが持っているチームについて興奮し、一緒に未来を楽しみにしている。クリーブランドのファンは初日から特別な存在であり、僕もこの偉大なコミュニティの一員であり続けることを楽しみにしている。」

 

ラブは4年前にキャバリアーズに加入したものの、レブロンアービングがボールを持つ時間が多かったことで、ミネソタ・ティンバーウルブズで魅せていた輝きはあまり見られませんでした。

 

しかし今回の契約延長によって、ラブがキャバリアーズの中心選手として引っ張っていくことは確定的です。

 


<スポンサードリンク>

 

先述したようにキャバリアーズの戦力の低下は免れないでしょう。

 

ですが、今年はNBAドラフトで全体8位指名を受けたコリン・セクストンが加入しましたし、2019年の1巡目指名権も保持しています。

 

『ESPN』のボビー・マークス氏は、「クリーブランドが2020年の夏に7000万ドル近い資金を残し、ロスターを改造する計画を立てている。」と伝えました。

 

当然ですが、その間もラブの契約を有効であるため、ラブに合わせた補強というのも重要になってきます。

 

キャバリアーズのコービー・アルトマンGMは、「キャバリアーズとクリーブランドに、ケビンの長期的なコミットメントを発表することに興奮している。コラボレーションと勝利はケビンにとって非常に重要であり、それはこの契約延長に反映された。ケビンの才能と性格は非常に高いレベルであり、私たちが進めたいことの中心的な役割を果たしている。」と語りました。

 

ラブとの契約延長によって、キャバリアーズの新たな歴史が動き始めました。

 

時間はかかるかもしれませんが、ラブを中心にイースタン・カンファレンスの頂点に返り咲けるといいですね!

 

それでは!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください