カーメロ・アンソニーが語る”波乱の1年間”

(引用元:thunderousintentions.com)

どうも、コッコちゃんです!

 

決して成功とは言い難いシーズンを送ったオクラホマシティ・サンダーと、その主力を担ったラッセル・ウェストブルックポール・ジョージカーメロ・アンソニーのビッグ3は、わずか1年でアンソニーがアトランタ・ホークスへトレードされるという結果に収束しました。

 

そんな中、”波乱な1年”を過ごすアンソニー自身が、ワシントンで行なわれたプライベートのNIKEイベントで、サンダーでの1年間ホークスとのトレードヒューストン・ロケッツとの新たな契約について語りました。

 

「何かが上手く行かなければ、バイアウトしたりトレードすればいい。それが、バスケットボールの社会における新たな規範だ。僕はそれを乗り越えなければならなかった。僕は妻や家族と話し、こう言った。『僕はバイアウトされていないし、解雇されていない。』そしたら、彼らはこう言った。『誰もそれを知ろうとは思わない。あなたがすべきことをしなくてはならない。それは次のチャプターにある。私が好きなところに行くには時間がかかった。でもそれを受け入れるつもりだよ。』」

 

アンソニーはホークスへトレードされましたが、ホークスはアンソニーを残すつもりはないでしょう。

 

そしてアンソニーは、ロケッツと契約する予定であることも明らかです。

 

「アトランタとのトレードは誰もが知っている。僕は全てが今、クリアされようとしていると思う。僕は人々に自分たちがやろうとしていることをやらせる。僕は座り、時間が来て電話がかかれば、動くだろう。」

 


<スポンサードリンク>

 

サンダーで過ごしたシーズンはどうだったのでしょうか。

 

「多くの人がこの6ヶ月を取るから、僕はさらに傷ついた。」

 

そうアンソニーは語ります。

 

「僕がNBAでやった全ての仕事のうち、勝利、敗北、得点など・・・1年のうちの6ヶ月で判断されるのは、達成したことの15年間を覆すものだ。それはおかしい。」

 

アンソニーがサンダーに加入した時、既にラッセル・ウェストブルックポール・ジョージがいて、期待に胸を躍らせたかもしれません。

 

しかし結果は、プレイオフのファーストラウンドでユタ・ジャズに敗れました。

 

多くの人はウェストブルックのプレイスタイルを批判しましたが、アンソニーの不振による影響というのもあったはずです。

 


<スポンサードリンク>

 

ところがアンソニーはこのように語ります。

 

上手くフィットしていなかった。僕は昨年、このことについて話していないと思う。全てが急で、トレーニングキャンプの前日にチームに行った。そして25時間後には『ああ、メロ。参加してくれ。君は長いことチームの中心選手だったから、(新たな環境も)理解できるだろう。』とね。だけどそれは矛盾している。時には誰かの助けを借りるのではなく、自分自身で理解するしかなかったんだ。」

 

そしてアンソニーは、決して予想を下回っていたことも、不自然な組み合わせでもなかったことも断言し、ウェストブルックジョージとの関係に問題はなかったと語りました。

 

「正直、緊張したことは一度もなかった。僕たちは全てを共にし、全てのゲームについて話し合った。ゲームの前に僕たちは話した。僕たちの関係は誰よりも深いものだった。」

 

スターターからベンチプレイヤーに下がることを尋ねられたアンソニーは、笑いを浮かべていかに利己主義かを示す瞬間もありました。

 

それについてアンソニーは、こう語ります。

 

「僕はこのバスケットボールの試合をどうすればいいか知っている。長いことやってきたんだ。僕がその役割を果たす準備が整っていると感じたら、その役割を果たすよ。その役割が最善であるかどうかは、僕だけが知っている。僕はまだ自分の能力や出来ることを知っているから、それをするつもりはない。」

 


<スポンサードリンク>

 

とはいえ、こうして役割もしくは金銭にこだわっていたアンソニーも、ロケッツとはベテランミニマムの契約を結びました。

 

ロケッツとの契約について、アンソニーはどう考えているのでしょうか。

 

「僕は勝利したと思う。全てを書き換える。全てを落ち着かせているし、1年間を振り返っている。僕たちが勝利したときにはストーリーが書かれていたし、敗北したときもストーリーは書かれていた。僕は満足しているし、それがどこにあるのか、何が来るのか興奮しているよ。

 

波乱の1年間に苦しんだアンソニーの、次に紡がれるページは”勝利の道”か”敗北の道”か・・・

 

新天地での活躍に目を離すことはできませんね。

 

それでは!

 

待望の最新作
「NBA 2K20」

シリーズ累計9,000万本の売上を誇るNBA公認のバスケットボールゲーム!
待望の最新作「NBA 2K20」をプレイし、本場NBAの感動や興奮を体感しましょう!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください