ラプターズがグレッグ・モンローの獲得を検討中?

(引用元:hardwoodhoudini.com)

どうも、コッコちゃんです!

 

先日サンアントニオ・スパーズとのトレードでカワイ・レナードを獲得したトロント・ラプターズは、次なる補強を企んでいるようです。

 

その対象は、今夏ボストン・セルティックスからフリーエージェントとなっているグレッグ・モンローだと伝えられています。

 

その主な理由は、デマー・デローザンをスパーズに放出した際のトレードで、バックアップセンターのヤコブ・パートルも一緒に放出したことと言えるでしょう。

 

ラプターズの先発センターにはヨナス・バランチュナスという若く優秀な選手がいますが、2番手となるバックアップセンターがいなくなれば、センターポジションが弱点となる可能性は高くなります。

 


<スポンサードリンク>

 

では、なぜモンローなのでしょうか。

 

『NBA.com』によると、6フィート以内でショットを許す確率がモンローは61.5%に対し、移籍したパートルは51.2%を記録しています。

 

ビッグマンが得意とするエリアはペイントエリア周辺であるため、相手と勝負するのであればペイントエリア内に惹きつけたほうがビッグマンにとっては有利と言えますね。

 

そういった意味で、モンローは優れたビッグマンとしてラプターズに重宝されるでしょう。

 

さらにモンローは得点力も兼ね備えており、今季は平均10.3得点を記録しています。

 

金銭的な問題も特に無く、ミッドレベル例外条項(チームが1年に1度まで、サラリーキャップを超えていても規定の金額以内で契約できる特別なルール)を用いれば、530万ドルでモンローと契約することが可能であると言われています。

 

セカンドユニットの層の厚さは、強豪チームに無くてはならないものです。

 

モンローがラプターズに加入すれば、大きな戦力となることは間違いないですね。

 

それでは!

 

待望の最新作
「NBA 2K20」

シリーズ累計9,000万本の売上を誇るNBA公認のバスケットボールゲーム!
待望の最新作「NBA 2K20」をプレイし、本場NBAの感動や興奮を体感しましょう!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください