ビンス・カーターが2018-19シーズン終了時に引退する確率は「90%」

(引用元:jumperbrasil.lance.com.br)

どうも、コッコちゃんです!

 

NBAを代表したかつてのダンク王、そして現在ではNBA最年長プレイヤーであるビンス・カーターですが、2018-19シーズンがラストイヤーになる可能性は極めて高そうです。

 

先月、カーターはアトランタ・ホークスと1年240万ドル(約2億6000万ドル)の契約を結びました。

 

これまでの20年のキャリアの中でチャンピオンリングを手にしたことを無かったカーターですが、21年目のプレイ先に選んだのはチャンピオンになるとは思い難いホークスでした。

 


<スポンサードリンク>

 

しかし『ESPN』のイアン・べグリー氏によると、カーターは既にリングに興味は無いことを語っていたと伝えています。

 

ホークスでリングを狙う可能性を尋ねられたカーターは、タイトルの競争をするのではなく、数分間の戦いに身を注ぐことを考えているようです。

 

そして契約が満了する1年後、新たにチームと契約するかどうかについて尋ねられると、否定こそしなかったものの、コート上で貢献できるものがなければ「おそらく引退するだろう。」と付け加えました。

 

つまりカーターは、プレイする”機会”を求めてホークスに向かったということですね。

 

さらにカーターは引退後の計画についても考えを明かし、放送関連のキャリアに携わりたいと語っています。

 

これらの”機会”や引退後の計画についてカーターは、「それは愛だ。(選手としてのキャリアを)離れていくのは難しいけど、明らかな時がきたら、それは時間だ。だけど、僕はまだ情熱を持っているよ。」と語りました。

 


<スポンサードリンク>

 

そしてカーターは、2018-19シーズン終了後に引退する可能性は「90%ほどある」と語っています。

 

昨季はキングスでプレイしましたが、出場時間、平均得点ではキャリアワーストの記録を残しており、年齢による衰えもかなり見えていました。

 

引退までのカウントダウンは迫っているのかもしれません。

 

しかし、まだホークスで1年間プレイすることは決定済みです。

 

まだ、伝説をこの目に焼き付けることは十分に可能ですね。

 

それでは!

 

待望の最新作
「NBA 2K20」

シリーズ累計9,000万本の売上を誇るNBA公認のバスケットボールゲーム!
待望の最新作「NBA 2K20」をプレイし、本場NBAの感動や興奮を体感しましょう!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください