マイケル・ポーターJr.が、ルカ・ドンチッチを”過大評価”と批判!?

blank

(引用元:sportingnews.com)

どうも、コッコちゃんです!

 

今年のNBAドラフトでデンバー・ナゲッツに全体14位指名されたマイケル・ポーターJr.は、どうやらダラス・マーベリックスに全体3位指名されたルカ・ドンチッチをあまり良く思っていないようです。

 

リーグのソースによるとポーターJr.は先日、自身のインスタグラムでドンチッチ”過大評価”されていると批判したと伝えています。

 

これに対し、ドンチッチがユーロリーグでレアル・マドリーに所属していた際にチームメイトだったディノ・ラドンチッチが反論しました。

 

ラドンチッチはツイッターで、「ユーロリーグのMVPを過大評価することはできない。5つのカレッジの試合していない怪我をした選手こそ、過大評価されている可能性があると思うけど。」と書き込み、ドンチッチを擁護する形となりました。

 

 


<スポンサードリンク>

 

ポーターJr.はミズーリ大の期待の1年生であり、抜群のアスレチック能力と得点力を兼ね備えた選手として、今年のドラフトでの高順位指名が期待されていました。

 

しかし開幕戦で腰を痛めたことでカレッジでの出場はわずか3試合に留まり、指名順を大きく下げてしまうことになっています。

 

ラドンッチはその部分を指摘して、「怪我をしていてろくに試合に出ていないポーターJr.の方が、過大評価されているのではないか」ということを伝えたわけですね。

 

ポーターJr.ドンチッチは、互いにウェスタン・カンファレンスに属するチームの一員であり、来季はどちらもプレイオフ出場を目標としてくるでしょう。

 

互いの実力がぶつかる日が楽しみですね。

 

それでは!

 

待望の最新作
「NBA 2K20」

blank

シリーズ累計9,000万本の売上を誇るNBA公認のバスケットボールゲーム!
待望の最新作「NBA 2K20」をプレイし、本場NBAの感動や興奮を体感しましょう!