退職を考えるスタン・ヴァン・ガンディ氏

(引用元:si.com)

どうも、コッコちゃんです!

 

昨季までデトロイト・ピストンズのヘッドコーチを務めたスタン・ヴァン・ガンディ氏は、別のチームでコーチングすることを望んでいるようですが、それと同時に「失われた」という気持ちも感じているようです。

 

『ESPN』によると、ヴァン・ガンディ氏は『Rex Walters』のポッドキャストのインタビューで、再び指導をしたいということを明かしました。

 

「もしも(来季に)仕事ができるなら、コーチをする予定だったけれど、今は本当に分からない。」とヴァン・ガンディ氏は語ります。

 

しかし一方で、「私は今、本当に迷っている。アイデアが無いんだ。私の妻は、私が引退することを望んでいるようだけどね。」とも語りました。

 


<スポンサードリンク>

 

もし来季以降にコーチの職に就けなかった場合、ヴァン・ガンディ氏大学レベルでのメディアの機会や、教育を検討しているようです。

 

「何かしたいが、もしコーチングでなければあまり厳しい仕事はしたくない。挽回するのであればコーチをやりたいと思っている。私がコーチングをするつもりでなければ、少なくとも半分は退職したい。(これからどうなるか)私は本当に分からない。」

 

昨季はピストンズで39勝43敗を記録し、2年連続でプレイオフ出場を逃す結果となってしまいました。

 

シーズン途中にはブレイク・グリフィンの加入もあったものの、結果を残すことができず元トロント・ラプターズヘッドコーチだったドウェイン・ケイシー氏に、新たなコーチの座を譲っています。

 

果たして来季までに、ヴァン・ガンディ氏にコーチのオファーは来るのでしょうか。

 

「失った」状態で悔いを残して欲しくはないですね。

 

それでは!

 

待望の最新作
「NBA 2K20」

シリーズ累計9,000万本の売上を誇るNBA公認のバスケットボールゲーム!
待望の最新作「NBA 2K20」をプレイし、本場NBAの感動や興奮を体感しましょう!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください