NBA選手たちのワークアウトをピックアップ!【2018年版 その1】

(引用元:gol.dnevnik.hr)

どうも、コッコちゃんです!

 

いくら一流の選手といえど、オフシーズン中も努力を怠れば置いていかれるのがプロの世界です。

 

ということで今回は、NBA選手たちのワークアウトの様子を少しピックアップしてみましょう!

 

いわゆる練習といえど、ハードワークに打ち込む姿に目を奪われるかもしれませんよ?

 

ビクター・オラディポ&ドウェイン・ウェイド

 

今年、最優秀躍進選手賞を受賞したインディアナ・ペイサーズのビクター・オラディポと、3回のNBAチャンピオンと12回のオールスター出場経験を誇るマイアミ・ヒートのドウェイン・ウェイドの、ガード同士のワークアウトです。

 

大きな飛躍を遂げ、まだまだ若いオラディポにはスピード感がありますね。

 

一方のウェイドは経験を生かした巧みなムーブを駆使して見せました。

 

現在フリーエージェントで、ヒートからの去就が注目されているウェイドですが、ワークアウトをはじめとした様々なものに取り組み、来季もヒートでのプレイができることを証明してほしいですね。

 

ケビン・デュラント&クイン・クック

 

ゴールデンステート・ウォリアーズの3連覇へ向け、リーグトップクラスのスコアラーであるケビン・デュラントと、2way契約から本契約に漕ぎつけ、2年の契約延長を結んだクイン・クックのワークアウトです。

 

デュラントクックは互いにワシントンDCで育った、いわゆる幼馴染です。

 

非常にリラックスして、ワークアウトをこなしているような印象が見受けられますね。

 


<スポンサードリンク>

ジョン・ウォール&ジェフ・グリーン

 

ワシントン・ウィザーズのエースであるジョン・ウォールと、新たに来季からチームメイトとなるジェフ・グリーンのプライベートワークアウトです。

 

ところどころで声を掛け合い、ケミストリーを深めようとしているのが見て取れますね。

 

ウィザーズもまた、プレイオフでより上を目指せる可能性のあるチームです。

 

少しでも多くのコミュニケーションを取り、信頼感を深めるのは重要でしょう。

 

ジェイレン・ブラウン&(ブラッド・スティーブンス)

 

ボストン・セルティックスのジェイレン・ブラウンは、ブラッド・スティーブンスHCが付き添いのもと、ワークアウトに励む場面が見られました。

 

プロ2年目を迎えた昨季は主力SGとして大きな飛躍を遂げた反面、脳震盪やハムストリングの負傷などの故障が相次ぐこともあり、決して順風満帆なシーズンだったとは言えないでしょう。

 

イースト王者の大本命とも言われているセルティックスを勝利に導くため、今夏のハードワークは欠かせませんね。

 


<スポンサードリンク>

オクラホマシティ・サンダー

 

オクラホマシティ・サンダーは今夏にロサンゼルスで、チーム全体のワークアウトを行ないました。

 

ラッセル・ウェストブルックポール・ジョージスティーブン・アダムスといった主力だけでなく、新加入のデニス・シュルーダーも参加していますね。

 

さらに激しくなるであろうウェスタン・カンファレンスを生き抜くためにも、ハードワークやコミュニケーションは積極的に行なっていく必要があるでしょう。

 

まとめ

いかがでしたか?

 

NBAといえば試合に注目しがちですが、こういったワークアウトでも惹きつけられるものはあるような気がします。

 

やはり一流選手の動きというのは違いますね・・・

 

ここでのハードワークの成果が、来季の成績に反映される部分もあるはずですので、各チームの選手たちには頑張ってもらいたいですね!

 

引き続き、その他の選手のワークアウトもご紹介していけたらな、と思っています。

 

次回もお楽しみに!

 

それでは!

 

待望の最新作
「NBA 2K20」

シリーズ累計9,000万本の売上を誇るNBA公認のバスケットボールゲーム!
待望の最新作「NBA 2K20」をプレイし、本場NBAの感動や興奮を体感しましょう!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください