カワイ・レナードの残留を望むラプターズのファンが、衝撃のサイトを開設!

(引用元:ksat.com)

どうも、コッコちゃんです!

 

今夏、トロント・ラプターズはサンアントニオ・スパーズとのトレードで、オールスターかつ優れたディフェンダーであるカワイ・レナードを獲得しましたね。

 

しかしラプターズには、どうしても拭えない懸念点があります。

 

それは、来夏にレナードがフリーエージェントになれるということです。

 

レナードに残された契約年数はあと2年ですが、最終年がプレイヤーオプションであるため、レナードは契約をオプトアウトすることができます。

 

レナードのロサンゼルス・レイカーズへの移籍の噂が絶えないため、ラプターズにとっては非常に不安であるに違いないでしょう。

 

レナードの見返りとして、これまでチームを引っ張ってきたデマー・デローザンを放出しているため、レナードまで失えばラプターズの戦力低下は甚大となってしまいます。

 

そんな中、レナード移籍のリスクを恐れたラプターズのファンが、レナードの残留を説得するために衝撃のサイトを開設しました。

 


<スポンサードリンク>

 

サイトのタイトルはなんと、”Kawhi or Die”です。(サイトはこちら▶kawhiordie.com

 

直訳すれば「カワイか、死ぬか」であり、ラプターズにとってレナードの存在がどれだけ重要であるか、これだけで分かります。

 

そしてサイトの使命声明は、以下の通りです。

 

まず第一に、カワイを美しいカナダの街に、そして情熱的なバスケットボールチームに歓迎する、ファンとしてのチャンスです。

それはまた、ラプターズ、トロントの大都市、そしてカナダと呼ばれる素晴らしい国のために、私たちの熱意を集団的に表現できる方法でもあります。

あるいはカナダに住んでいないだけでラプターズのファンであったり、カワイのいるトロントが素晴らしくフィットしていると思ったりします。

個人的な観点から私の目標は、カナダ唯一のチームにメガスターがいるという大きな利点を強調することです。

NBAのバスケットボールチームを持つアメリカ最大の州はテキサス州で、26万8000平方マイル(約69万4000平方キロメートル)です。

素晴らしいバスケットボール市場ではありますが、ヒューストン(ロケッツ)、ダラス(マーベリックス)、サンアントニオ(スパーズ)の3つのフランチャイズで共有されています。

これとは対照的に、カナダはテキサス州の23倍の大きさであり、それらは全てラプターズの赤ん坊のようなものです。

ビンス・カーターとスティーブ・ナッシュは、私たちの文化の一部です。

カワイが3620万人(ニューヨークの約4倍のサイズ)の国でプレイし最高のバスケットボール選手になるこのチャンスは、日常生活の中でパパラッチの雰囲気が無いバスケットボールのシンボルとなるでしょう。

 


<スポンサードリンク>

 

簡単に言えば「カワイを美しいトロントの街に、素晴らしいカナダの国に歓迎し、そこにいる多くの人々がレナードの味方ですよ」といった感じですね。

 

今のレナードが何を考えているかは分かりませんが、少なくとも1年間はラプターズでプレイしますし、それだけ時間あれば考えが変わってもおかしくはないでしょう。

 

”Kawhi or Die”は、”レナードの移籍=死”でもあります。

 

ラプターズのファンは生きるために最善を尽くし、そして何よりもうまくいくことを願っているでしょう。

 

それでは!

 

待望の最新作
「NBA 2K20」

シリーズ累計9,000万本の売上を誇るNBA公認のバスケットボールゲーム!
待望の最新作「NBA 2K20」をプレイし、本場NBAの感動や興奮を体感しましょう!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください