2018-19シーズンの戦力予想!【サクラメント・キングス編】

(引用元:aroyalpain.com)

どうも、コッコちゃんです!

 

第6回目となる今回は、サクラメント・キングスの2018-19シーズンの戦力予想をしていきます。

 

早速見ていきましょう!

 

その他のチームはこちら

 

<スポンサードリンク>

今夏のIN&OUT

IN OUT 自軍のFA
ヨギ・フェレル(FA)

ジャメル・アーティス(FA)

ネマニャ・ビエリツァ(FA)

ベン・マクレモア(グリズリーズからトレード)

ディオンティ・デイビス(グリズリーズからトレード)

マービン・バグレー三世(ドラフト2位)

ウェニエン・ガブリエル(2way)

ビンス・カーター(ホークスと契約)

ジャック・クーリー(ディナモ・サッサリと契約/イタリア)

ギャレット・テンプル(グリズリーズへトレード)

ブルーノ・カボクロ(ロケッツへトレード)

ナイジェル・ヘイズ(解雇)

ジャカール・サンプソン(完全FA)

 

ロスター&ポジション別評価

ポジション PG SG SF PF C
選手 ディアロン・フォックス

ヨギ・フェレル

フランク・メイソン三世

ボグダン・ボグダノビッチ

バディ・ヒールド

ベン・マクレモア

ジャメル・アーティス

ジャスティン・ジャクソン

イマン・シャンパート

ザック・ランドルフ

マービン・バグレー三世

ネマニャ・ビエリツァ

ハリー・ジャイルズ

ウェニエン・ガブリエル(2)

ウィリー・コーリー・スタイン

スカル・ラビシエ

ディオンティ・デイビス

コスタ・クーフォス

評価 ★★★☆☆ ★★☆☆☆ ★☆☆☆☆ ★★★☆☆ ★★☆☆☆

※(2)は2way契約選手

 


<スポンサードリンク>

戦力予想

今オフのキングスは、無駄のない補強や放出で、確実に戦力を伸ばしたはずです。

 

ドラフト全体2位のマービン・バグレー三世、昨季マーベリックスで二桁得点を記録したヨギ・フェレル、ストレッチ4として活躍が期待できるネマニャ・ビエリツァなど、キングスにとってはプラスの材料となりました。

 

しかし大物選手を獲得できたかと言えばそうではなく、仮にバグレー三世が開花したとしても、全体の戦力を見る限りではプレイオフに進める可能性は五分五分だと思われます。

 

バックコート陣はセカンドユニットまで比較的豊富かつ将来性が見られる一方で、フロントコート陣はバグレー三世ウィリー・コーリー・スタイン以外に将来性のある選手は見当たりません。

 

今季は、昨季に活躍したディアロン・フォックスボグダン・ボグダノビッチに加え、バグレー三世フェレルなどのポテンシャルがある選手を伸ばしていくのが得策でしょう。

 

今のウェスタン・カンファレンスの情勢に本気で太刀打ちできる布陣を揃えるには、もうしばらく時間がかかりそうです。

 

キーマン

(引用元:flurrysports.org)

マービン・バグレー三世

今年のNBAドラフトで全体2位指名を受けたのが、名門デューク大の絶対的エースであったマービン・バグレー三世です。

 

2m11cmの長身でありながら、身体能力、敏捷性、テクニックなどのスキルはピカイチで、まさに現代NBAで通用するスキルを兼ね備えたビッグマンであると言えますね。

 

サマーリーグでは後半の試合を怪我で欠場してしまったものの、才能の片鱗は要所要所で見られたのではないでしょうか。

 

12シーズン連続でプレイオフ出場を逃しているキングスが再建するためには、オールラウンド性に優れたバグレー三世の才能が必要不可欠となるはずです。

 

その他のチームはこちら

再建の呪縛から解き放たれないウェストの下位チーム

2018-08-07

ヨギ・フェレルがマーベリックスとの契約合意を破棄した理由

2018-07-23

2017-18シーズンの総括!【サクラメント・キングス編】

2018-06-17

 

2 件のコメント

  • 個人的には今年キングスには一年我慢してもらって来年キャメロンレディッシュ等のウイングを強化してもらいたいと余っているのですがコッコさんはどう思われますか?

    • Black mambaさんコメントありがとうございます!

      今年のキングスが我慢の年となるのは、やはり仕方のない部分がありますね。ウィングが戦力不足であることも間違いありませんが、強豪がひしめくウェストで成功するためには、ベンチを含めた選手層や、経験なども重要になってくるため、近い将来に成功を収めることも厳しいかもしれません。
      とはいえ有望な若手選手を多く持つキングスが、ドラフト上位指名の選手で補強をするのは得策でしょう。時間はかかると思いますが、若手選手を大切に温めて育てられれば、必ず実る時が来ると思います。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください