2018-19シーズンの戦力予想!【デトロイト・ピストンズ編】

(引用元:pistonpowered.com)

どうも、コッコちゃんです!

 

第12回目となる今回は、デトロイト・ピストンズの2018-19シーズンの戦力予想を行なっていきます。

 

早速見ていきましょう!

 

その他のチームはこちら

 

今夏のIN&OUT

IN OUT 自軍のFA
ホセ・カルデロン(FA)

ザザ・パチューリア(FA)

グレン・ロビンソン三世(FA)

カイリ・トーマス(ドラフト38位)

ブルース・ブラウン(ドラフト42位)

キーナン・エバンス(2way)

アンソニー・トリバー(ティンバーウルブズと契約)

ジェームス・エニス三世(ロケッツと契約)

ドワイト・バイクス(解雇)

エリック・モアランド(解雇)

ケイ・フェルダー(完全FA)

ジャミア・ネルソン(完全FA)

 

ロスター&ポジション別評価

ポジション PG SG SF PF C
選手 レジー・ジャクソン

イシュ・スミス

ホセ・カルデロン

カイリ・トーマス

キーナン・エバンス(2)

レジー・ブロック

ルーク・ケナード

ラングストン・ギャロウェイ

ブルース・ブラウン

レジー・ハーン(2)

スタンリー・ジョンソン

グレン・ロビンソン三世

ブレイク・グリフィン

ジョン・ルーアー

ヘンリー・エレンソン

アンドレ・ドラモンド

ザザ・パチューリア

評価 ★★★☆☆ ★★★☆☆ ★★☆☆☆ ★★★☆☆ ★★★★☆

※(2)は2way契約選手

 


<スポンサードリンク>

戦力予想

今年1月にブレイク・グリフィンを獲得するという大胆な行動に出た反面、今オフの動きは非常に静かなものでした。

 

しかし、身体能力の高いグレン・ロビンソン三世、ハードワーカーのザザ・パチューリア、大ベテランのホセ・カルデロンを獲得したのは、少なからず的確な補強だったと言えるでしょう。

 

今季最も重要な役割を果たすべきは、レジー・ジャクソンブレイク・グリフィンアンドレ・ドラモンドのビッグスリーです。

 

チームの先頭に立つ彼らのパフォーマンス次第で、チームは天にも地にも向かいます。

 

ジャクソンは28歳、グリフィンが29歳、ドラモンドも25歳と、いずれも全盛期を迎えているメンバーであり、今年のドラフトで期待するほどの若手も加入していないことを考えると、そろそろ結果を出さなければならない時期ですね。

 

レブロン・ジェームズがウェスタン・カンファレンスは移籍したことによって、クリーブランド・キャバリアーズの戦力はガタ落ちし、昨季イースタン・カンファレンス9位だったピストンズにもチャンスが巡ってくることとなりました。

 

戦力面ではプレイオフ出場に値する力を持っています。

 

あとは主力の活躍、そして新指揮官のドウェイン・ケイシーHCが見事な手腕を発揮すれば、3年ぶりのプレイオフ出場も夢ではありません。

 

キーマン

(引用元:celebsnetworthtoday.com)

ブレイク・グリフィン

今年1月にピストンズへ加入したブレイク・グリフィンは、ピストンズでスタートを切るのは今季が初です。

 

2009年のドラフト1位指名であったグリフィンは今でも平均20得点を記録する能力は健在ですが、一方で近年は怪我に苦しんでおり、直近4シーズンの平均出場試合数は55試合と、主力としてはどうしても懸念材料と言わざるを得ません。

 

ピストンズのフォワード陣は戦力的にやや薄さが見られるため、今季のグリフィンにかかる負担は大きいと言っても良いでしょう。

 

しかしそんな中でもベストのパフォーマンスを尽くし、怪我による離脱を最小限に留めることができれば、チームが納得のいく結果を残すのは十分に可能なはずですね。

 

その他のチームはこちら

 

なぜピストンズは注目されないのか

2018-08-11

2017-18シーズンの総括!【デトロイト・ピストンズ編】

2018-06-23

ドウェイン・ケイシー氏がピストンズの新ヘッドコーチに!

2018-06-12

 

待望の最新作
「NBA 2K20」

シリーズ累計9,000万本の売上を誇るNBA公認のバスケットボールゲーム!
待望の最新作「NBA 2K20」をプレイし、本場NBAの感動や興奮を体感しましょう!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください