2018-19シーズンの戦力予想!【ミルウォーキー・バックス編】

(引用元:behindthebuckpass.com)

どうも、コッコちゃんです!

 

第16回目となる今回は、ミルウォーキー・バックスの2018-19シーズンの戦力予想を行なっていきます。

 

早速見ていきましょう!

 

その他のチームはこちら

 

今夏のIN&OUT

IN OUT 自軍のFA
パット・カナトン(FA)

イーサン・イリヤソバ(FA)

ブルック・ロペス(FA)

クリスチャン・ウッド(FA)

ドンテ・ディビンチェンゾ(ドラフト全体17位)

トラビス・トライス(ドラフト外)

ジョーダン・バーネット(ドラフト外)

ブランドン・マッコイ(ドラフト外)

トレボン・デュバル(2way)

ジェイレン・スミス(2way)

ジャバリ・パーカー(ブルズと契約)

ブランドン・ジェニングス(解雇)

ジェイソン・テリー(完全FA)

ザビエル・マンフォード(制限付きFA)

 

ロスター&ポジション別評価

ポジション PG SG SF PF C
選手 エリック・ブレッドソー

マシュー・デラベドーバ

トラビス・トライス

トレボン・デュバル(2)

マルコム・ブログドン

ドンテ・ディビンチェンゾ

パット・カナトン

スターリング・ブラウン

ジェイレン・モリス(2)

クリス・ミドルトン

トニー・スネル

シャバズ・モハメド

ジョーダン・バーネット

ヤニス・アデトクンボ

イーサン・イリヤソバ

DJ・ウィルソン

クリスチャン・ウッド

ブルック・ロペス

ジョン・ヘイソン

ソン・メイカー

タイラー・ゼラー

ブランドン・マッコイ

評価 ★★★☆☆ ★★☆☆☆ ★★★☆☆ ★★★★★ ★★★☆☆

※(2)は2way契約選手

 


<スポンサードリンク>

戦力予想

大黒柱のヤニス・アデトクンボを中心としたバスケットを展開するバックスは、今夏の的確な補強で戦力を向上させました。

 

ブルックリン・ネッツ、ロサンゼルス・レイカーズで先発を務めたベテランビッグマンのブルック・ロペス、ストレッチ4として二桁得点も見込めるイーサン・イリヤソバの加入は、アデトクンボの負担を軽減するものとなるでしょう。

 

さらに新指揮官に、アトランタ・ホークスで最優秀ヘッドコーチ賞を受賞した経験のあるマイク・ブーデンホルザーを招いたことで、今季のバックスが昨季以上に飛躍することが期待されます。

 

今季の課題は、継続性を維持し上位を目指すことです。

 

さらに昨季の課題である強豪チームとの勝率の低さも、どのように改善するのか注目ですね。

 

キーマン

(引用元:sportingnews.com)

ヤニス・アデトクンボ

23歳の若き怪物であるヤニス・アデトクンボの活躍なくして、バックスの繁栄はありません。

 

得点力、勝負強さ、リーダーシップなどあらゆるエースの素質を備えたアデトクンボですが、5年間のキャリアでプレイオフに進出したのはわずか2回、どちらもファーストラウンド敗退です。

 

ですが今のバックスは、アデトクンボ加入後では最高の戦力が整っているのではないでしょうか。

 

アデトクンボは既に”個の力”を証明済みです。

 

あとは十分なチームメイトとともに”組織の力”を先導し、2001-02シーズン以来のファーストラウンド突破を達成できれば、彼の実力を疑う者もほとんど居なくなりますね。

 

その他のチームはこちら

 


”NBA”を楽しむには?

世界最高峰のバスケットボールリーグ…それが”NBA”。初めての方から長年のファンまで、その超次元な舞台を楽しみたい方にオススメします。



2Kシリーズ最新作「NBA2K19」




シリーズ累計8,000万本の売り上げを誇るNBA公認のバスケットボールゲーム!本場NBAの興奮やリアリティを体感しましょう!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください