セルティックスとジャマール・クロフォードが”互いに関心を抱いている”!?

(引用元:clutchpoints.com)

どうも、コッコちゃんです!

 

今夏にミネソタ・ティンバーウルブズからフリーエージェントとなっているジャマール・クロフォードは、近い内に移籍先が決まるかもしれません。

 

その移籍先の有力候補として挙げられているのは、なんと今季のイースタン・カンファレンスで頂点に立つ最有力候補のボストン・セルティックスです。

 

一体どのように話が進んでいるのか、もう少し掘り下げてみましょう。

 


<スポンサードリンク>

 

『Athletic』のジャレッド・ウェイス氏は、「Celtics Beat podcast」でセルティックスとジャマール・クロフォード”互いに関心を抱いている”と報告しました。

 

「セルティックスとクロフォードは、互いに関心を抱いている。私はそれを知っている。セルティックスは彼にまだオファーを提示していない。彼は正しい状況が実現することを待っている。だからこそ、彼は基本的にトレーニングキャンプに出向いている。彼は、チャンピオシップで勝つポジションに居たいと考えている。彼は、これらのタイトルを狙えるチームの一つと契約したがっているんだ。」

 

38歳の大ベテランであるクロフォードですが、昨季もシックスマンとして重要な役割を果たし、二桁得点も記録しているため、彼自身まだまだ通用すると考えるのも妥当でしょう。

 

当初はゴールデンステート・ウォリアーズやフィラデルフィア・76ersといったチームが関心を示しており、本人も関心を示していましたが、ここにきて新たにセルティックスという選択肢が表れたのは、やや意外でしたね。

 


<スポンサードリンク>

 

セルティックスのバックコートのベンチ陣には、既にテリー・ロジアーマーカス・スマートといった十分な戦力が整っています。

 

しかし彼らはまだ若く、十分な経験を積めているとは言えません。

 

さらに昨季のセルティックスは、オフェンス面の弱さを指摘されました。

 

そう考えると、双方を補ってくれるクロフォードを獲得するのは、非常に適していると言えますね。

 

セルティックスは、今季にNBAファイナルへ出場することが成功するため”絶対条件”と見られています。

 

その条件を満たすためにも、セルティックスはクロフォードにオファーを提示し、より厚みのあるロスターを完成させるのでしょうか。

 

今後の情報に期待したいですね。

 

それでは!

 

セルティックスを支えるアル・ホーフォードの重要性

2018-09-14

セルティックスを”特別なチーム”と考えるテリー・ロジアー

2018-08-28

セルティックスが嫌いだったジェイソン・テイタム

2018-08-26

 


”NBA”を楽しむには?

世界最高峰のバスケットボールリーグ…それが”NBA”。初めての方から長年のファンまで、その超次元な舞台を楽しみたい方にオススメします。


待望の最新作
「NBA 2K20」

シリーズ累計9,000万本の売上を誇るNBA公認のバスケットボールゲーム!
待望の最新作「NBA 2K20」をプレイし、本場NBAの感動や興奮を体感しましょう!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください