ペリカンズの新生ツインタワーはどこまで通用する?

(引用元:ca.sports.yahoo.com)

どうも、コッコちゃんです!

 

ニューオーリンズ・ペリカンズのチームスタイルは、他のチームと比較してもやや異質なものがあるとは思いませんか?

 

スキルや運動能力に長けたガード選手を中心に、アップテンポなバスケットボールを行なう現代NBAにおいて、ペリカンズの中核を担っているのはパワーフォワードやセンターの選手で形成された”ツインタワー”であるからです。

 

2016-17シーズンの2月にデマーカス・カズンズがペリカンズへトレードされると、アンソニー・デイビスとカズンズを中心に、翌年の2017-18シーズンにはプレイオフ出場を果たしました。

 

しかし今夏にカズンズがチームを去ることとなり、”ツインタワー”は解散されると思われたことでしょう。

 

ですがペリカンズは、ロサンゼルス・レイカーズから成長著しいパワーフォワードのジュリアス・ランドルを連れてくることに成功しました。

 

”ツインタワー”と言うにはややサイズが乏しいかもしれませんが、ポジション的にもデイビスとランドルのデュオが”ツインタワー”であることは間違いないでしょう。

 

そんな”ツインタワー”もとい”新生ツインタワー”は、今季のリーグでどこまで通用するのでしょうか。

 


<スポンサードリンク>

 

生え抜きエースであるデイビスの能力は、もはや言わずもがなですね。

 

昨季のシーズンMVPのファイナリストに名を連ねたデイビスは、平均得点、FG%、3P%、FT%、アシストでキャリアハイの数字を叩き出し、チームへの貢献度を示すEFF(エフィシェンシー)はリーグトップの33.0を記録しました。

 

今季も健康であれば、成長を続ける彼を止めることは至難の業であることは間違いありません。

 

重要となってくるのは、ランドルの加入によってデイビスの負担がどれほど減るかです。

 

実は昨季のペリカンズで最もボールの占有率が高かったのはカズンズの32.4%で、デイビスは29.7%でした。

 

カズンズがアキレス腱を負傷する1月26日までのデイビスのボール占有率は27.5%で、カズンズ負傷後の1月27日以降は32.5%まで跳ね上がっています。

 

カズンズがより多くボールを持つスタイルが機能していたかどうかは別としても、それによってデイビスの負担が減っていたのは間違いありませんね。

 


<スポンサードリンク>

 

ランドルに同じことができるでしょうか?

 

昨季のランドルのボール占有率は25.6%と決して低いわけではありませんが、カズンズと比べればボールを長く保持するには不向きであると言えます。

 

機動力やハンドリングのスキルは同ポジションの選手に比べて長けているのかもしれませんが、攻撃の司令塔となる必要性はないでしょう。

 

そのためデイビスがボールを持つ機会というのは、カズンズ在籍時よりも増える可能性は高いです。

 

しかし昨季は、カズンズが怪我で離脱しデイビスがボールを多く持つようになっても、チームの成績が落ちることはありませんでした。

 

そういった意味では、デイビスがボールを持つ時間こそ減らないものの、ランドルの存在が攻守でさらなる厚みをもたらせると考えられるのではないでしょうか。

 

さらにデイビスランドルも、若さがあります。

 

たとえ上手くいかなくとも、改善力や修正力はあるため、決して焦ることはありません。

 

実力で言えば、ランドルはカズンズより劣っているかもしれません。それでも場合によっては、カズンズより大きなものをもたらす方法もあることでしょう。(引用元:ca.sports.yahoo.com)

 


<スポンサードリンク>

 

少なくとも、デイビスランドルのポジションに限った話であれば、彼らの形成する”新生ツインタワー”はリーグトップクラスです。

 

どんな形であろうと、ランドルデイビスの負担を減らすことができれば、ウェスタン・カンファレンスの上位を目指せる可能性も十分に秘めています。

 

必ずどこかで大きな壁にぶつかることになりますが、恐らくそれは”新生ツインタワー”だけで解決できる問題でもないため、今は気にする必要はありません。

 

時間はかかるかもしれませんが、”新生ツインタワー”は間違いなくリーグで通用する存在となるでしょう。

 

それでは!

 

2018-19シーズンの戦力予想!【ニューオーリンズ・ペリカンズ編】

2018-09-24

ペリカンズの”優れた補強”と”一抹の不安”

2018-07-16
 

待望の最新作
「NBA 2K20」

シリーズ累計9,000万本の売上を誇るNBA公認のバスケットボールゲーム!
待望の最新作「NBA 2K20」をプレイし、本場NBAの感動や興奮を体感しましょう!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください