”スリーピート”について話し合ったことを明かすステフィン・カリー

(引用元:eurohoops.net)

どうも、コッコちゃんです!

 

3年連続NBAチャンピオンを意味する”スリーピート”のチャンスが、今季のゴールデンステート・ウォリアーズに訪れました。

 

NBA史上で”スリーピート”を達成したチームは、ボストン・セルティックス、シカゴ・ブルズ、ロサンゼルス・レイカーズのわずか3チームのみであることを考えると、それがいかに困難であるかは容易に判断できるでしょう。

 

もちろん目の前にあれば意識してしまうものですが、意識のしすぎが集中力を損なうことも時にはあります。

 

それでも”スリーピート”のチャンスを目前に控えたウォリアーズは、恐れることなく”スリーピート”について語ったようです。

 


<スポンサードリンク>

 

『ESPN』のニック・フライデル氏によると、ウォリアーズのステフィン・カリーが2018-19シーズンに突入するにあたって、チーム全体で”スリーピート”の話し合いをしたという事実を認めたと伝えています。

 

カリーは次のように語っています。

 

「それが僕たちの目の前にあるから、スリーピートについて話すよ。僕はそれが毎日繰り返されるとは思わないね。だけどシーズンをスタートさせたら、明らかに僕たちは全てのものをテーブルの上に置いて、期待されている面で何が課題になっているのか考えなければならない。」

 

ウォリアーズは直近4シーズン連続でNBAファイナルに出場しており、今季には2000~2002シーズンの間にロサンゼルス・レイカーズが成し遂げて以来の”スリーピート”のチャンスがかかっています。

 

「ああ、優勝することが目標さ。どうやってそこに辿り着くのか、日々の使命をどうやって崩していくのか、ゲームごとや毎月ごとに、僕を素晴らしいものにしてくれるね。傷ついていないか、怪我をしていないか、コートで崩れ落ちていないか、お互いを励まし合うという意味で、僕たちは本当に上手く適応しているよ。僕たちはずっとそこに居るつもりがないんだ。」

「全体的な目標の面だと、コミュニケーションの方法で日によって変わったりするね。だけど、僕たちはビジネスをケアすることでチャンピオンシップを獲得できることを理解している。それを3年間続けていくにあたって、僕たちが話すことを恐れてはならないという機会でもあるんだ。

 


<スポンサードリンク>

 

この4年間で、ウォリアーズは誰もが認める強豪チームへと変貌し、どのチームもウォリアーズを倒すために全力を尽くしてきます。

 

それでもカリーは、その環境を楽しんでいるようです。

 

「正直言って、それは楽しいよ。時には打ち負かされることもある。だけど僕たちが集中し合って、互いに調整し、成功するために何をしようとしているのかは明らかなんだ。僕たちは厳しいし、毎晩そのレベルにに達することができるように求めるから、僕たちがプレイしている雰囲気は、ホームであろうとロードであろうと、楽しいね。」

 

史上4チーム目の”スリーピート”に向けたウォリアーズは実力面でも、精神面でも整っており、今季もまさに盤石の体制と言うにふさわしい状態です。

 

今回のチーム内での話し合いによってチーム内の意識が高まり、より良いパフォーマンスを生み出すことに繋がるのでしょうか。

 

あらゆる面で手を尽くすウォリアーズから、目が離せませんね。

 

それでは!

 

2018-19シーズンの戦力予想!【ゴールデンステート・ウォリアーズ編】

2018-09-30

ウォリアーズに勝てると考えるカイリー・アービング

2018-09-23

ステフィン・カリーのアウトサイドシュート能力の凄さを徹底解剖!

2018-08-29

”NBA”を楽しむには?

世界最高峰のバスケットボールリーグ…それが”NBA”。初めての方から長年のファンまで、その超次元な舞台を楽しみたい方にオススメします。



2Kシリーズ最新作「NBA2K19」




シリーズ累計8,000万本の売り上げを誇るNBA公認のバスケットボールゲーム!本場NBAの興奮やリアリティを体感しましょう!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください