クレイ・トンプソンの”スリーピート”に対するモチベーションは?

(引用元:thenypost.files.wordpress.com)

どうも、コッコちゃんです!

 

ゴールデンステート・ウォリアーズは、史上4チーム目のNBAチャンピオン3連覇、通称”スリーピート”がかかっているチームです。

 

以前、ステフィン・カリーがチーム内で”スリーピート”について話し合ったという記事をご紹介しましたね。

 

そして今回は、チームメイトのクレイ・トンプソンが”スリーピート”について語ったようです。

 

”スリーピート”について話し合ったことを明かすステフィン・カリー

2018-10-10

 


<スポンサードリンク>

 

『ESPN.com』のニック・フライデル氏によれば、トンプソンは”スリーピート”を成し遂げるにあたって、何が重要な動機であるかを語ったと伝えています。

 

「僕たちはオークランドのファンのためにそれをしたいね。オラクル(アリーナ)に移転して以来、40年以上に渡って私たちに忠実だったんだ。今季は間違いなく助けになるさ。サンフランシスコ(移転後)は、多くの人々が僕たちに会うことができないから、オークランドには大きな遺産が残ることになる。だから、毎晩これを楽しむよ。」

 

ウォリアーズの本拠地であるオークランドのオラクル・アリーナは、移転後47年目を迎えた今季で幕を閉じることとなります。

 

来季の2019-20シーズンにはサンフランシスコのチェイス・センターへ移転するため、オークランドの人々がアリーナへ容易に足を運ぶことができるのは、今季が最後となるわけです。

 

つまりトンプソンは、長年の間ウォリアーズを支えてきたオークランド市民のためにも、それを”スリーピート”へのモチベーションとしたいということを語っているのですね。

 


<スポンサードリンク>

 

続けて、トンプソンはファンの現状について述べています。

 

「僕たちは特別なグループを持っているね。僕たちは、そのような素晴らしいファンの前でプレイする。そういう衝撃的な雰囲気だから、全ての試合がとても楽しいんだ。誰がプレイするかは関係ない。プレシーズンでも、ファイナルでもね。僕たちがファンの基盤を持っていれば、仕事に出るのは簡単さ。」

 

ウォリアーズファンの盛り上がりはリーグトップクラスであり、今夏にデマーカス・カズンズを獲得したことや、”スリーピート”がかかっていることを考えれば、おそらく今季も大歓声に包まれることでしょう。

 

加えて先述したようにオークランド市民にとっては、オラクル・アリーナでウォリアーズを見られる最後のシーズンですから、ファンも非常に気合いが入っているはずです。

 

そして結果的に、それはコートに立つ選手たちのエネルギーになるわけですから、そういった意味でも今季のウォリアーズは恐ろしいと言えますね。

 

果たして彼らをチ沈黙させられるチームは、現れるでしょうか?

 

それでは!

 

シアトル・スーパーソニックスの復活を望むケビン・デュラント

2018-10-04

オールディフェンシブチーム選出を熱望するクレイ・トンプソン

2018-10-03

2018-19シーズンの戦力予想!【ゴールデンステート・ウォリアーズ編】

2018-09-30

待望の最新作
「NBA 2K20」

シリーズ累計9,000万本の売上を誇るNBA公認のバスケットボールゲーム!
待望の最新作「NBA 2K20」をプレイし、本場NBAの感動や興奮を体感しましょう!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください