ジミー・バトラーとカワイ・レナードは、レブロン・ジェームズとの共闘を好まない?

(引用元:windycitychronicle.com)

どうも、コッコちゃんです!

 

もしかすると来夏、ロサンゼルス・レイカーズが本当に思い描いていたシナリオは、うまく進まないかもしれません。

 

『The Ringer』のケビン・オーコナー氏は、ミネソタ・ティンバーウルブズのジミー・バトラーと、トロント・ラプターズのカワイ・レナードが、レイカーズのレブロン・ジェームズとチームになることを望んでいないと伝えました。

 

両選手ともオールスター級のプレイヤーであることは事実で、レイカーズは来夏のFA争奪戦に向けて多くの選手と単年契約を結んでいたことを考えると、本来であればレイカーズはバトラーレナードを獲得したいと思っているはずです。

 

しかしこうした噂が出た以上、レイカーズは来夏の市場戦略を練り直す必要性が出てくるかもしれませんね。

 


<スポンサードリンク>

 

バトラーがレイカーズに加入する理由は、なんとなく分かるかもしれません。

 

バトラーは現在チームにトレードを要求していますが、その理由のひとつとして”若手への不満”があると言われています。

 

レイカーズには、ポテンシャルがあるとはいえブランドン・イングラムロンゾ・ボールカイル・クーズマジョシュ・ハートといった多くの若手選手が在籍いるため、バトラーが好んで加入するとは言い難いですね。

 

レナードが、レイカーズにどういう印象を抱いているかは分かりません。

 

ただしレナードラプターズと良好な関係を築く可能性が高いため、簡単に移籍に踏み切るとは言えないでしょう。

 

ラプターズはレナードに対して、他チームよりも多額の金銭を与えることができますし、カナダ唯一のNBAチームであるため、ファンの熱意を凄まじいものがあるはずです。

 

ですから、レイカーズにバトラーレナードがやすやすと加入するというのは、もはや考えられない状況となっています。

 

レナード自身はレイカーズへの移籍を望んでいると伝えられていますが、シーズンを通していく中で気持ちが変わることも、ないとは言い切れません。(引用元:flipboard.com)

 


<スポンサードリンク>

 

オーコナー氏は、もしもバトラーレナードがレイカーズに関心がないのであれば、シャーロット・ホーネッツのケンバ・ウォーカーや、ミルウォーキー・バックスのクリス・ミドルトンとサインしなければならないと述べています。

 

彼らもまた、優れたプレイヤーであることは事実ですが、おそらくフランチャイズに絶大な影響を与えることは出来ないでしょう。

 

すなわち、チャンピオンシップを争うには決定打に欠けるということを意味します。

 

つまり今回の噂はレイカーズにとって手厳しい話であり、何らかの対処法を考えておかなければ来夏に痛い目にあうかもしれません。

 

それを避けるためにも、今季は選手やフロントの働きがいっそう重要となってきますね。

 

それでは!

 

ジミー・バトラーの残留を望むアンドリュー・ウィギンス

2018-10-15

レイカーズデビューを果たし、ファンを魅了したレブロン・ジェームズ

2018-10-02

ラプターズデビューを飾ったカワイ・レナードに見える未来

2018-10-01

待望の最新作
「NBA 2K20」

シリーズ累計9,000万本の売上を誇るNBA公認のバスケットボールゲーム!
待望の最新作「NBA 2K20」をプレイし、本場NBAの感動や興奮を体感しましょう!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください