バックス指揮官が、マルコム・ブログドンのスターター起用について言及

(Photo by Nathaniel S. Butler/NBAE via Getty Images)

ミルウォーキー・バックスのマルコム・ブログドンは、ボストン・セルティックスとのカンファレンス準決勝第5戦で、足底筋膜炎からの復帰を果たし、3月15日以来初めてプレイをしました。

 

本来であれば、チームのスターティングラインナップの一人であるブログドンですが、彼がスターターとして起用されるのは、どのタイミングになるでしょうか?

 

バックスの指揮官であるマイク・ブーデンホルザーHCは、第1戦でブログドンがスターター起用される保証はないと言います。

 

「彼には、試合時間や試合でのアクションがもっと必要だ。我々は、マルコムの負荷と出場時間を増やしていくことを計画している。正確に言うなら、彼は第1戦でもう少しプレイすることになるね。」



第5戦でブログドンは17分間の出場で10得点を記録しましたが、ブーデンホルザーHCは17分間の出場について「我々が想定していたよりも長い」と語りました。

 

一方で試合後、ブログドンは痛みを感じなかったことを明かしています。

 

ブログドンが不在の間、バックスはニコラ・ミロティッチがスターターとしてチームを支えていました。

 

ミロティッチは土曜日の練習で、どのように起用されても準備が出来ていると語っています。

 

また、バックスのパット・カナトンは、強力なベンチメンバーとして呼んでいる”ベンチ・モブ”も、あらゆる起用法に備えていると語りました。

 

「コーチがやりたいことは、僕たちが何でも支えるよ。もしニコ(ニコラ・ミロティッチ)を再びスターターにしなければならないなら、僕たちは彼を送り出す。もしマルコムが僕たち(ベンチ・モブ)と一緒に居るなら、彼が居ることを喜ばしく思うね。誰がベンチ・モブの一員であるかに関係なく、ベンチ・モブの目標と考えは変わらないんだ。



次のシリーズまでの休息は、バックスに多少の時間の余裕をもたらすでしょう。

 

日曜日は練習をせず、トロント・ラプターズとフィラデルフィア・76ersの第7戦を観戦するかもしれません。

 

どちらかの勝者と、3月15日(日本時間16日)にカンファレンス決勝第1戦を行います。

 

ミロティッチは、こう語りました。

 

「僕たちはファイナルに進みたいんだ。誰がプレイするかは問題じゃない。」

 

(参考記事:No guarantee Brogdon starts for Bucks in ECF

昨年のハードルを超え、18年ぶりのカンファレンス決勝へ――バックスの証明は終わらない

2019-05-09

第3戦で違いを生み出したバックスの”ベンチ・モブ”

2019-05-04

待望の最新作
「NBA 2K20」

シリーズ累計9,000万本の売上を誇るNBA公認のバスケットボールゲーム!
待望の最新作「NBA 2K20」をプレイし、本場NBAの感動や興奮を体感しましょう!