みなさんが思い浮かべる2000年代のスーパースターは誰でしょうか?

 

マイケル・ジョーダンという大きな存在が引退したのちの、この時代・・・

 

そこには圧倒的な実力と支配力でリーグのトップスターに上り詰めた一人の選手がいました。

 

そう、コービー・ブライアントです。

 

”ブラックマンバ”(世界で最も危険な猛毒ヘビの一種)や、”ネクスト・ジョーダン”と呼ばるほどのコービーはNBAにどれだけの影響を与えたのでしょうか?

 

今回はそんなコービーの歴史を見ていきましょう。

 

コービー・ブライアント(Kobe Bryant)

 

アメリカ合衆国
出身 ローワー・メリオン高校
ドラフト 1996年 13位
所属チーム 1996-2016 ロサンゼルス・レイカーズ
ポジション SG(シューティングガード)
身長 198cm

 

▼コービー・ブライアントのキャリアベストプレイ!!▼

 

ジョーダンの後継者

コービーは”バスケットボールの神様”と呼ばれるマイケル・ジョーダン後継者と言われることが多いです。

 

その理由は様々で、例えばプレイスタイルが似ている点があります。

 

また実績も豊富であり、負けず嫌いであることも類似しています。

 

さらにジョーダン自身からもコービーを後継者として指名しているため、その実力は本物というほかありません。

 

数々の実績

コービーが挙げた実績は数知れず、まさにレジェンドにふさわしい活躍をしています。

 

NBAチャンピオンに5回輝き、オールスターゲームにはNBA記録となる18年連続出場、レギュラーシーズン通算得点は歴代3位など、素晴らしい実績を誇っています。

 

その多くが得点に関するもので、コービーは歴代でも屈指のスコアラーでした。

レイカーズでの軌跡

コービーは入団から引退まで、全てをロサンゼルス・レイカーズに尽くしてきました。

 

そんな彼がレイカーズで残した軌跡を振り返ってみましょう。

 

全体13位での指名

(Photo by Juan O’Campo/ NBAE via Getty Images)

NBAのスーパースターの誕生は、まさかの13位指名という少し意外なところからでした。

 

それも当時は、シャーロット・ホーネッツが指名していました。

 

しかしコービーは「レイカーズに入団できないなら、デューク大に行く。」と言い、結局レイカーズにトレードされることとなりました。

 

史上最年少でオールスター&スターター出場

2年目のコービーは既に才能を見せ始めており、ファンからの人気もとても高いものでした。

 

NBAのオールスターファン投票でブライアントは史上最年少で選出、さらにはスターターに選ばれるという前代未聞の出来事が起こりました。

 

黄金時代の到来

レイカーズのヘッドコーチが、かつてシカゴ・ブルズを2度も3連覇に導いたフィル・ジャクソンに代わると、そこからレイカーズの黄金時代が始まります。

 

1999-00シーズンのファイナル、コービーは第2戦で足首を捻挫してしまいます。

 

ターニングポイントとなった第4戦では、怪我が完治していないにもかかわらず強行出場しオーバータイムの激戦を制すと、その後も勝利を重ね初のNBAチャンピオンに輝きます。

 

2000-01シーズンはプレイオフでカンファレンス決勝まで全勝すると、ファイナルではアレン・アイバーソン率いるフィラデルフィア・セブンティシクサーズとの対決となります。

 

そしてこれを制し連覇を達成します。

 

3連覇を狙う2001-02シーズンも好調を維持し、ファイナルではジェイソン・キッド率いるニュージャージー・ネッツを4戦全勝で下し、見事に3連覇を達成しました。

 

1試合81得点

コービーが達成した記録の中でも一際目につくのが1試合81得点です。

 

2006年1月26日のトロント・ラプターズ戦でコービーは一人で81得点を挙げました。

 

1試合81得点は歴代2位であり、まさにコービーが当時のNBAのナンバーワンプレイヤーであることを象徴するものとなりました。

 

▼歴代2位の1試合81得点!!▼

 

ブライアントとファンの不満

3連覇以降、レイカーズはチャンピオンの座から遠ざかっており、コービー自身もファンも不満が募っていました。

 

コービーはチームにトレードを要求、ファンは身勝手なコービーを快く思わないなど、コービーを取り巻く状況は日に日に悪化していきました。

再び連覇へ

2008-09シーズンはチーム戦力の改善もあり、再びNBAチャンピオンの座が近づいてきました。

 

ファイナルではオーランド・マジックを4勝1敗で下し、7年ぶりのNBAチャンピオン、そしてコービー自身初のファイナルMVPを獲得します。

 

2009-10シーズンはファイナルで当時もう一つの優勝候補であったボストン・セルティックスとの対戦となります。

 

第7戦までもつれ込んだ激戦は、第4クォーターでコービーが大活躍を魅せ勝利、連覇を達成すると共に2年連続のファイナルMVPにも輝きました。

 

年齢による衰え

5度のNBAチャンピオンに輝いたコービーでも、年齢による衰えは明らかに出ていました。

 

特に怪我が増え、パフォーマンスの低下も著しくなってきました。

 

2012-13シーズンにはスティーブ・ナッシュドワイト・ハワードパウ・ガソルを含めた「プレミア4」を結成しますが、期待に反してプレイオフでは1回戦敗退と、限界も近くなってきました。

 

最後のシーズン

2015年11月29日、コービーは2015-16シーズンを最後に引退することを表明します。

 

2016年1月21日には、オールスターファン投票で2位と圧倒的な差をつけ18年連続のオールスター出場が決定します。

 

そして迎えた2016年4月13日、レギュラーシーズン最終戦であるユタ・ジャズ戦がコービーの引退試合となりました。

 

10点を追いかける第4クォーター終盤、コービーは一人で連続13得点を挙げ、チームを逆転勝利に導きました。

 

コービーはその試合で60得点を記録、輝かしい選手生活を最高の形で締めくくりました。

 

▼引退試合で60得点!!▼

 

その他

引退後

2017年9月12日にレイカーズはコービーが現役時代に付けていた背番号の「8」と「24」を永久欠番にしました。

 

また、コービー自身は、2018年3月4日にアカデミー短編アニメ賞を受賞しました。

 

シャックとの不仲説

元チームメイトのシャキール・オニールとの不仲説は有名で、コービーの人気が伸びてきた1998-99シーズンから始まっていました。

 

3連覇時代のファイナルMVPが全てシャックだったこと、コービーのプレイが自分勝手だったことなどが影響していました。

 

最終的には、シャックがチームを去った5年後、再びNBAチャンピオンの座に輝いたコービーの実力をシャックが認め、和解する形となりました。

 

コービーの由来

コービー・ブライアントのファーストネームである「コービー」は、実は日本の「神戸」からきています。

 

コービーの父親がお気に入りのレストランである「Kobe Steak House(神戸ステーキハウス)」に妻と行った際、「神戸(KOBE)」の名前の由来が気に入り、両親が付けたと言われています。

 

コービーは初来日した1998年に、自身の名前の由来となった神戸を訪れています。

 

▼次の歴史を見る▼

”歴代最高のPG” マジック・ジョンソン

▼前の歴史を見る▼

”73-9” NBAの常識を覆した歴代シーズン最多勝

▼その他の歴史を見る▼

NBAヒストリー

待望の最新作
「NBA 2K20」

シリーズ累計9,000万本の売上を誇るNBA公認のバスケットボールゲーム!
待望の最新作「NBA 2K20」をプレイし、本場NBAの感動や興奮を体感しましょう!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください