トピックス

アンソニー・デイビスが負傷退場、レブロン・ジェームズは「安全と健康が唯一の懸念」

ロサンゼルス・レイカーズのアンソニー・デイビスは、2月14日(日本時間15日)に行われたデンバー・ナゲッツ戦の第2クォーターに右アキレス腱を負傷し、コートを去ることになりました。

デイビスは前回のメンフィス・グリズリーズ戦で、アキレス腱炎による2試合の離脱から復帰しており、35得点を記録してチームの勝利に貢献していました。試合後のインタビューに応じたデイビスは、試合後半にアキレス腱が気になったと言いましたが、「基本的に心配することはない」と語っていました。

関連記事
アキレス腱炎から復帰し、35得点を記録したアンソニー・デイビス「基本的に心配することはない」

デイビスの退場はレイカーズにとって痛手であり、チームはナゲッツに122-105で敗れて連勝が7でストップしました。『NBA.com』のマイク・トルーデル記者によれば、チームメイトのレブロン・ジェームズは試合後、デイビスの怪我を心配していると語りました。

「全体的な安全と(彼の)健康だけが唯一の懸念だ。元通りになって戻ってきてほしい」

ジェームズは、試合の途中でデイビスが離脱したことで適応が難しかったものの、次の試合からは修正できるだろうと付け加えました。

「僕らには離脱に備えられる能力がある。彼が不在の間に攻守で何をすべきか、より良いゲームプランを立てられるだろう」

レイカーズは現在リーグでトップのディフェンシブ・レーティング(100ポゼッションあたりの失点)を記録しているチームですが、昨季の最優秀守備選手賞争いで2位だったデイビスが離脱することになる場合、他の全ての選手がステップアップする必要があるでしょう。

レイカーズは2月16日(同17日)にミネソタ・ティンバーウルブズ戦を控えています。

『ステフィン・カリー 努力、努力、努力 自分を証明できるのは、自分だけ』

  • 原著:Marcus Thompson,2
  • 著:マーカス トンプソン,2
  • 翻訳:東山 真

歴代最高のシューターとして謳われる、ステフィン・カリーの人生にフォーカスした待望の評伝の日本語版!

ウォリアーズファンはもちろん、全てのNBAファンにオススメの一冊です!

Amazon

楽天ブックス

Yahoo!ショッピング

-トピックス
-

© 2021 NBA TOPICS