考察

NBAドラフト当日にチームの将来を左右することになった5つのトレード

2020/10/27

若き有望な選手が指名されていく瞬間を見届けることだけが、NBAドラフトの醍醐味ではありません。 各チームが指名する合間に行われるトレードもまた、注目に値する動きの一つであり、時にはそれが人々の記憶に残り続けるものとなる可能性もあります。 要するに、その時は最善だと感じて行ったトレードも、時間が経過するにつれてフランチャイズの未来を築くものであったのか、壊すものであったのか、答えが明確になることがあるということです。 ここでは、そんなNBAドラフト当日にチームの将来を左右することになった5つのトレードを振り ...

ReadMore

優勝経験を持つベテランガードのジェレミー・リンの獲得に、ウォリアーズとネッツが関心か

2020/10/26

NBA復帰を目指すベテランガードのジェレミー・リンの獲得に、ゴールデンステート・ウォリアーズとブルックリン・ネッツが関心を示している可能性があることを、中国のサイト『Weixin』が報じました。 『Weixin』によれば、ウォリアーズの中心選手たちはリンのプレイスタイルを気に入っているようです。 少なくとも、ウォリアーズがリンを獲得するのは理にかなっているでしょう。 ウォリアーズの先発バックコートはステフィン・カリーとクレイ・トンプソンが居ますが、彼らのリザーブメンバーの厚さには不安が残っているためです。 ...

ReadMore

トピックス

ドラフト上位指名候補のオニエカ・オコング、同期の中で最高のビッグマンに自信「彼ら全員を上回っている」

2020/10/26

2020年のNBAドラフトに参加することを表明している南カリフォルニア大のオニエカ・オコングは、同期のビッグマンの中で最高の選手となることに自信を持っています。 オコングと同ポジションの選手としては、メンフィス大のジェームズ・ワイズマンが全体1位指名候補として挙げられており、オコングはあくまで上位指名候補という位置づけですが、『ESPN』のマイク・シュミッツ記者によれば、オコングは「彼ら全員を上回っていると思う」と語りました。 「自分は些細なこともしっかりとやっている。とにかくバスケットボールに打ち込んで ...

ReadMore

リポート

ブルズの警備員の所有していた6つのチャンピオンリングが合計約20万ドルで落札

2020/10/26

今月、シカゴ・ブルズが1990年代に獲得した6つのチャンピオンリングがオークションで落札されました。 このリングは、2018年に亡くなるまで52年間に渡ってブルズの警備員として働いてきたジョン・キャップス氏の所有物でした。 ブルズを6度の優勝に導いたマイケル・ジョーダンと、キャップス氏の親密な友情は、今年4月に『ESPN』で配信された『ザ・ラストダンス』の中でも触れられています。 『Huggins & Scott Auctions』によれば、6つのリングは全て個別でオークションに出品され、1997 ...

ReadMore

トピックス

シャキール・オニールが優勝を誇示する一部のレイカーズの選手を非難「何もしていないくせに」

2020/10/26

NBAレジェンドのシャキール・オニールは、2020年のNBAチャンピオンに輝いたロサンゼルス・レイカーズの一部の選手に不満を持っているようです。 ポッドキャスト『The Big Podcast with Shaq』でレイカーズの優勝について議論していたオニールは、一部の選手が自分の優勝への貢献を過大評価していると指摘しました。 「インスタグラム上で、自分が優勝の理由であるかのように自慢している選手が多く居る。名前を言うつもりはないけどね。引っ込んでてもらいたい。何もしていないくせに」The Big Pod ...

ReadMore

トピックス

カワイ・レナードとポール・ジョージがクリッパーズを今後も牽引していくことに期待するタロン・ルーHC

2020/10/26

ロサンゼルス・クリッパーズが誇る2大スターのカワイ・レナード、ポール・ジョージが今後もチームを牽引してくれるかどうかは、現時点で確証がありません。 レナードとジョージはどちらも2021-22シーズンのプレイヤーオプションを保持しており、彼らの契約は来季の2020-21シーズンまでしか保証されていないためです。 彼らがクリッパーズに愛想を尽かせば、2021年のオフシーズンにはフリーエージェントとしてチームを去ってしまう可能性もあるでしょう。 しかし、今月にクリッパーズの指揮官に就任したタロン・ルーHC(ヘッ ...

ReadMore

トピックス

アンドレ・ドラモンドとの将来を計画するキャバリアーズのJB・ビッカースタッフHC

2020/10/25

クリーブランド・キャバリアーズのアンドレ・ドラモンドは来季に2,870万ドルのプレイヤーオプションを保持しており、彼がどのような決断を下すのかについて多くの憶測が飛び交っていますが、キャバリアーズのJB・ビッカースタッフHC(ヘッドコーチ)は、ドラモンドと一緒に進む将来について計画を練っているようです。 ドラモンドは今年2月にデトロイト・ピストンズからキャバリアーズにトレードされ、ビッカースタッフHCも同じく2月にキャバリアーズの指揮官に就任したため、両者がコート上で関係を築く時間はほとんどありませんでし ...

ReadMore

トピックス

ヒートのパット・ライリー球団社長、レイカーズの優勝について「常に注釈が付いている」

2020/10/25

マイアミ・ヒートのパット・ライリー球団社長は、自分たちが優勝に値するチームであると信じ続けています。 ロサンゼルス・レイカーズとのNBAファイナル 第6戦に敗れ、2020年の優勝に一歩及ばなかった後、ライリー球団社長は初めて記者団の前でインタビューを行いました。 『Miami Herald』のバリー・ジャクソン記者によれば、ライリー球団社長はレイカーズの優勝を称賛しながらも、ファイナルで主力のバム・アデバヨやゴラン・ドラギッチが負傷をしていなければ、どうなっていたか分からないと主張しました。 「皆が健康な ...

ReadMore

用語解説

「ラリー・バード例外条項」「アーリー・バード例外条項」「ノン・バード例外条項」とは?【NBA用語解説】

2020/10/25

NBAではソフトキャップ制度を導入しています。 これはチームがフリーエージェントを迎える選手と契約する際、一部の例外を除いてリーグが定めたサラリーキャップを超えてはならないというものです。 では、例外を適用することでサラリーキャップを超えられる条項――通称”例外条項”とは、一体何でしょうか? 今では様々な例外条項が存在していますが、その中でも最も有名な例外条項の一つとして挙げられるのが「ラリー・バード例外条項」「アーリー・バード例外条項」「ノン・バード例外条項」です。 これらは”バード権”と呼ばれる権利を ...

ReadMore

リポート

元NBAスターのアマーレ・スタウダマイアー、ネッツのアシスタントコーチに就任

2020/10/24

ブルックリン・ネッツのアシスタントコーチに、元NBAスターのアマーレ・スタウダマイアーが就任することを、『The Athletic』のシャムス・シャラニア記者が報じています。 現役時代に非常に身体能力の高いパワーフォワードとして知られ、2016年にNBAを去るまでに14年間のキャリアを過ごし、新人王や6回のオールスター出場、5回のオールNBA選出を経験したスタウダマイヤーは、かつてフェニックス・サンズで6年間に渡ってチームメイトだったスティーブ・ナッシュ(現ネッツHC)を、再び支えることになります。 シャ ...

ReadMore

ドラフト特集

2020/10/27

NBAドラフト当日にチームの将来を左右することになった5つのトレード

2020/10/26

ドラフト上位指名候補のオニエカ・オコング、同期の中で最高のビッグマンに自信「彼ら全員を上回っている」

2020/10/23

ウォリアーズ、ドラフト上位指名候補のデニ・アヴディアに”感銘”

2020/10/19

ニックスがアイザック・オコロの指名に関心?オーバーン大の指揮官は「最初から気に入っていた」

2020/10/19

全体1位指名権獲得から2ヶ月経過も、明確な候補は居ないウルブズ

2020/10/17

ウォリアーズがドラフトでセンターを指名しない代わりに、ドワイト・ハワードの獲得を狙う?

2020/10/13

ニックスが2020年のドラフト全体8位指名権のグレードダウンを検討か

2020/10/13

NBAチームとドラフト候補の直接ミーティングが10月16日(日本時間17日)から1ヶ月に渡って開催

2020/10/5

オーバーン大のアイザック・オコロがドラフト全体1位指名に自信、ウルブズでプレイする将来を見据える

2020/10/6

タイラー・ヒーローを狙っていたセルティックス、ヒートに指名され”うめき声”

© 2020 NBA TOPICS