リポート

2020年のフリーエージェント4日目のFA契約、トレード、契約延長まとめ

2020/11/24

2020年のフリーエージェントは4日目を迎え、チームの大半はミニマムサラリーでの契約や2way契約にも焦点を当て始めているため、大きな話題は少なくなっています。とはいえ、ダリオ・サリッチ、マーキーフ・モリス、デマーカス・カズンズといった知られた選手も4日目にして契約合意に至りました。 トレードも目ぼしいものが無いものの、契約延長ではつい最近ニューオーリンズ・ペリカンズへトレードされたスティーブン・アダムスが、2年3,500万ドルで2021-22シーズンから始まる新たな契約に合意しました。 ここでは2020 ...

ReadMore

トピックス

ジョン・ウォールのトレード要求の噂を一蹴するウィザーズGM「ジョンとウィザーズの間に問題はない」

2020/11/24

ここ最近、ワシントン・ウィザーズのジョン・ウォールの去就には注目が集まっていました。ウォールがチームにトレードを要求したことが報じられ、ヒューストン・ロケッツのラッセル・ウェストブルックとのトレードは現実性の高い取引であると考えられていたためです。 しかし、ウィザーズのトミー・シェパードGM(ゼネラルマネージャー)は月曜日に行われた記者会見の中で、5回のオールスター出場経験を持つ30歳のガードがチームを去るかもしれない噂を一蹴しました。 シェパードGMはウォールをトレードする気が一切無いことを明言していま ...

ReadMore

トピックス

ウィングを手厚く補強する中でも、ブレイザーズがカーメロ・アンソニーと再契約を結んだ理由

2020/11/24

ポートランド・トレイルブレイザーズは来季により良い結果を残すべく、このオフシーズンに様々な動きを見せています。その中でも特にウィングの補強は目立っており、ロドニー・フッドとの再契約や、トレードを介してのロバート・コビントンの獲得、さらにはデリック・ジョーンズJr.とも契約合意に至りました。 もちろん、カーメロ・アンソニーもそのうちの一人です。36歳の彼はブレイザーズと1年ミニマムサラリーで契約を結びました。 しかし、ウィングの選手層が厚くなった今、アンソニーが昨季と同様にブレイザーズの先発という役割を与え ...

ReadMore

トピックス

ウォリアーズ移籍について語ったケリー・ウーブレイJr.「自分にぴったりの場所だと思った」

2020/11/24

当初、ゴールデンステート・ウォリアーズは約1,720万ドルのトレードエクセプションを使用しないだろうと広く考えられていました。しかし、ドラフト当日に彼らの身に起きたのは、スターのクレイ・トンプソンが右アキレス腱の断裂により2020‐21シーズンを全休するという最悪の出来事でした。 ウォリアーズはトンプソンの穴を埋めるため、エクセプションを利用してオクラホマシティ・サンダーから24歳のフォワードであるケリー・ウーブレイJr.を獲得しました。ウーブレイは昨季にフェニックス・サンズで56試合(平均34.5分)に ...

ReadMore

リポート

ドリュー・ホリデー、スティーブン・アダムスを含む4チーム間トレードの詳細について

2020/11/23

当初、ミルウォーキー・バックスとニューオーリンズ・ペリカンズの間でドリュー・ホリデーを含んで行われることが報じられていたトレードですが、現在はオクラホマシティ・サンダーとデンバー・ナゲッツを加え、スティーブン・アダムスを含んだ4チーム間の大規模なトレードに発展しています。 ということで、ここでは4チーム間トレードの詳細を明らかにすることにしましょう。 まず、現時点で成立しているトレードの内容は以下のようになります。 ▼各チームが獲得した選手や資産一覧(カッコ内は放出したチーム) バックスペリカンズサンダー ...

ReadMore

リポート

2020年のフリーエージェント3日目のFA契約、トレード、契約延長まとめ

2020/11/23

2020年のNBAのフリーエージェントも3日目を迎え、市場に残っている注目の選手の数も減ってきました。それでも、興味深い情報はいくつかあります。 FA契約の最も大きな話題は、制限付きFAのボグダン・ボグダノビッチがアトランタ・ホークスと契約合意に至ったことでしょう。ただし、キングスが48時間以内にホークスと同額の契約でマッチした場合、ボグダノビッチはキングスに残留することになるため、まだ移籍となったわけではありません。 一方、FA契約の勢いが失われてきたことによって、トレードや契約延長でもいくつかの動きが ...

ReadMore

ラッセル・ウェストブルックとジョン・ウォールのトレードの可能性は「五分五分」

2020/11/23

ヒューストン・ロケッツのポイントガードであるラッセル・ウェストブルックと、ワシントン・ウィザーズのポイントガードであるジョン・ウォールは、どちらもトレードを望んでいることが報じられています。しかし、3年間で1億3,260万ドルの契約を残すウェストブルックも、3年間で1億3,200万ドルの契約を残すウォールも、大規模な契約のリスクから獲得を試みるチームはほとんどありません。 その代わり、ロケッツとウィザーズの間で、ウェストブルックとウォールの直接トレードの交渉が進んでいることが噂されています。当然、それは合 ...

ReadMore

トピックス

ドワイト・ハワードがレイカーズに別れのメッセージ「戻ることができて本当に嬉しかった」

2020/11/23

ドワイト・ハワードは2019‐20シーズンにロサンゼルス・レイカーズの一員としてキャリア初の優勝を経験した後、フリーエージェントとしてレイカーズと再契約を結ぶことが期待されていました。しかし、コミュニケーションのミスや誤解によって、ハワードはフィラデルフィア・76ersと1年ミニマムサラリーで契約を結ぶことに合意しました。 2013年以来2回目となるレイカーズとの別れにあたって、ハワードはインスタグラムを介してレイカーズのファンやチームメイトにメッセージを綴っています。 ありがとうロサンゼルス。ロサンゼル ...

ReadMore

考察

ホーネッツにとってゴードン・ヘイワードとの4年1億2,000万ドルの契約は最善の決断なのか

2020/11/22

新型コロナウイルスの影響で各チームの収益が減少し、あまりロスターに金額をかけたくないと感じる可能性があることから、2020年のオフシーズンは過去数年間で最も目立たないことが予想されています。しかし、その中でも目を引くような大きな話題はありました。シャーロット・ホーネッツとゴードン・ヘイワードが結んだ4年1億2,000万ドルの大型契約はその一つです。 少なくとも、ヘイワードにとっては断る理由の無い素晴らしい契約だと感じたことでしょう。ただ、一方でホーネッツにとって今回の契約が本当にチームにとって最善の決断で ...

ReadMore

リポート

2020年のフリーエージェント2日目のFA契約、トレード、契約延長まとめ

2020/11/22

2020年のフリーエージェントの2日目も、いくつかの大きな話題が見受けられました。残留ではトロント・ラプターズのフレッド・ヴァンブリートが4年8,500万ドルの契約で合意し、移籍ではボストン・セルティックスのゴードン・ヘイワードがシャーロット・ホーネッツと4年1億2,000万ドルの大型契約で合意しました。 そのほかにも、ケンテイビアス・コールドウェル・ポープやジェイ・クラウダ―、サージ・イバカ、トリスタン・トンプソン、ラジョン・ロンド、ポール・ミルサップといった注目のロールプレイヤーの情報も挙がっています ...

ReadMore

今のイチオシ記事

【2020年オフシーズン】全30チームのフリーエージェントの移籍状況一覧(11月25日5:00更新)
NBAドラフト2020の指名結果まとめ、ウルブズの全体1位指名はアンソニー・エドワーズ
2020-21シーズンのプレイヤーオプションを保持する29人の選手の選択一覧【完全版】

移籍特集

2020/11/24

2020年のフリーエージェント4日目のFA契約、トレード、契約延長まとめ

2020/11/24

ジョン・ウォールのトレード要求の噂を一蹴するウィザーズGM「ジョンとウィザーズの間に問題はない」

2020/11/24

ウィングを手厚く補強する中でも、ブレイザーズがカーメロ・アンソニーと再契約を結んだ理由

2020/11/23

ドリュー・ホリデー、スティーブン・アダムスを含む4チーム間トレードの詳細について

2020/11/23

2020年のフリーエージェント3日目のFA契約、トレード、契約延長まとめ

2020/11/23

ラッセル・ウェストブルックとジョン・ウォールのトレードの可能性は「五分五分」

2020/11/23

ドワイト・ハワードがレイカーズに別れのメッセージ「戻ることができて本当に嬉しかった」

2020/11/22

ホーネッツにとってゴードン・ヘイワードとの4年1億2,000万ドルの契約は最善の決断なのか

2020/11/22

2020年のフリーエージェント2日目のFA契約、トレード、契約延長まとめ

2020/11/25

【2020年オフシーズン】全30チームのフリーエージェントの移籍状況一覧(11月25日5:00更新)

© 2020 NBA TOPICS