用語解説

「無制限フリーエージェント」と「制限付きフリーエージェント」【NBA用語解説】

そもそも、フリーエージェント(略称:FA)とはどういう意味でしょうか?

答えは”無所属”――どのチームにも所属していないことです。

チームと選手の関係はサラリー(給与)による契約で成り立っていますが、この契約が切れた時、選手はフリーエージェントとなります。

そしてNBAにおけるフリーエージェントの定義は2つあり、それが”無制限フリーエージェント””制限付きフリーエージェント”です。

ここでは、”無制限フリーエージェント”と”制限付きフリーエージェント”について、分かりやすく解説していくことにしましょう。

無制限フリーエージェント(略称:UFA)

無制限フリーエージェントとは、文字通り「チームとの契約に制限が無いフリーエージェント」のことを指し、選手の多くはこれに当てはまります。

もっと簡単に説明すると、あるチームと契約を結べば、その時点で契約は成立となり、チームの一員となれるわけです。

ただし契約の金額に関しては、リーグの所属年数などによって上限が決まっています。

制限付きフリーエージェント(略称:RFA)

チームが選手に”クオリファイング・オファー”と呼ばれるもの提示した時、選手は制限付きフリーエージェントとなります。

クオリファイング・オファーを提示できるのは、以下の場合のみです。

  • ルーキー契約を結んでいた選手が契約の4年目を終了した時
  • リーグ在籍年数が3年以下の選手がフリーエージェントになる時

制限付きフリーエージェントとなった選手も、他チームと交渉することが可能です。

他チームが制限付きフリーエージェントの選手を獲得したい場合、最低2年間の保証された契約を提示することで、選手と他チームは交渉することができます。

一方で他チームからのオファーが無かった場合、選手はクオリファイング・オファーの提示額で元のチームに戻り、次のシーズンを過ごすことになります。

制限付きフリーエージェントの選手が、別のチームとの交渉で合意に至った場合、ここからが重要になります。

別のチームは制限付きフリーエージェントの選手に新たな金額で交渉していますが、元のチームはその金額に”マッチ(同額提示)”することで、選手を引き戻すことができるのです。

つまり、制限付きフリーエージェントというのは、選手が元々在籍していたチームにかなり有利なものとなっています。

なるべくクオリファイング・オファーで安価に留まらせたいが、他チームが交渉してきてもマッチで引き戻せる…

もしも手の出ない金額を提示されたら、諦めて選手を放出するだけなのです。

まとめ

今回は、”無制限フリーエージェント”と”制限付きフリーエージェント”についての用語解説を行いました。

【NBA用語解説】は、これからNBAを楽んでいただける皆さんへ、NBAの複雑な用語や、難しい用語などを簡単に理解していただくことで、より関心を持ってもらえることを目的としています。

少しずつ更新していく予定ですので、ぜひお楽しみに!

『ステフィン・カリー 努力、努力、努力 自分を証明できるのは、自分だけ』

  • 原著:Marcus Thompson,2
  • 著:マーカス トンプソン,2
  • 翻訳:東山 真

歴代最高のシューターとして謳われる、ステフィン・カリーの人生にフォーカスした待望の評伝の日本語版!

ウォリアーズファンはもちろん、全てのNBAファンにオススメの一冊です!

Amazon

楽天ブックス

Yahoo!ショッピング

-用語解説
-

© 2021 NBA TOPICS