クリス・ポールがバックスとのトレードに関心?

オクラホマシティ・サンダーがトレードでクリス・ポールを獲得した後、彼らが再びポールをトレードすることを望んでいたとしても、その移籍先は限られています。

最も知られているのは、マイアミ・ヒートとのトレードでしょう。

しかし一方で、『The Ringer』のライエン・ルシロ氏は「Woj Pod」に出演した際、ポールが昨シーズンのMVPでもあるヤニス・アデトクンボ擁するミルウォーキー・バックスに加わることを望んでいたと述べました。

「彼がミルウォーキーに行きたがっていると聞いた。ヤニス・アデトクンボと一緒にプレイしたいと思うのは当然だろう」

ただやはり、最大の障壁となるのがポールの契約です。

彼は昨年の夏にヒューストン・ロケッツと1億6,000万ドルの契約を結んでおり、今シーズンが終わってもまだ2年間の契約が残っています。

[kanren postid="15764,15279"]

『ステフィン・カリー 努力、努力、努力 自分を証明できるのは、自分だけ』

  • 原著:Marcus Thompson,2
  • 著:マーカス トンプソン,2
  • 翻訳:東山 真

歴代最高のシューターとして謳われる、ステフィン・カリーの人生にフォーカスした待望の評伝の日本語版!

ウォリアーズファンはもちろん、全てのNBAファンにオススメの一冊です!

Amazon

楽天ブックス

Yahoo!ショッピング

-
-, ,

© 2021 NBA TOPICS