トピックス

トレード後初の古巣との対戦に、アンソニー・デイビスは「考えずにはいられない」

11月27日(日本時間28日)は、6月にアンソニー・デイビスがロサンゼルス・レイカーズからニューオリンズ・ペリカンズへトレードされて以来、デイビスが初めて古巣のニューオリンズでプレイする時でもあります。



『ESPN』によれば、デイビスは土曜日のインタビューで、古巣のホームへ戻る個人的な重要性を意識せずにはいられないと言いました。

「考えずにはいられないね。ホテルに泊まったり、アリーナまでバスに乗っていくのは、変な気分に感じるだろう。異なる感覚だろうけど、僕の仕事はプレイして勝利するだけだ」

デイビスは今シーズン、15試合で平均25.5得点、8.8リバウンド、3.0ブロック、フィールドゴール成功率48.2%、3ポイントシュート成功率36.0%を記録しており、レイカーズがウェストの首位に立つ大きな力となっています。

また、デイビスは、昨シーズンのトレード要求後にペリカンズのファンからブーイングを浴びたことを振り返り、今回もブーイングを浴びることになるだろうと語りました。

「トレードの(要求をした)後、最初のミネソタ(ティンバーウルブズ)との試合で、少し(ブーイングを)経験した。まるで自分が敵チームに居るようだったよ。初めて経験してみたけど、(今回は)もっと悪くなることは分かっている。何に備えればいいかは分からないけど、(レイカーズでの)勝利には満足しているよ」

[kanren postid="16253,16144"]

-トピックス
-,

© 2021 NBA TOPICS