トピックス

カーメロ・アンソニーの長かったFAに、ドレイモンド・グリーンは怒り「それはふざけている」

先月、カーメロ・アンソニーは1年間のフリーエージェントを経て、ポートランド・トレイルブレイザーズとの契約を掴み取り、チームに貢献し続けています。

ゴールデンステイト・ウォリアーズのドレイモンド・グリーンは、アンソニーが契約を得られるまでに1年間を費やさなければならなかったことに、驚きと失望を隠せません。

[kanren postid="16504"]



『NBC Sports』のローガン・マードック氏によれば、グリーンは、アンソニーが能力に関係なく契約を結ぶべきだったと語りました。

「もちろん、誰もが彼はプレイできると思っているけど、たとえ彼がプレイできると思わなくても、彼は殿堂入りを果たすことが確実な選手。バスケットボールをしたいと望めば、プレイできるはずだ」

大抵のフロントオフィスの人間は、アンソニーが契約を得られなかった主な理由の一つとして、オクラホマシティ・サンダーに在籍していた頃の記者会見で、ベンチから起用されてチームに貢献するのを嫌ったことを挙げるかもしれません。

しかし、グリーンはその考えに怒りを感じています。

「試合にあまり貢献していない人間が、より多くのことをしている人間の上で意思決定をしている。そんなことはふざけているよ」

アンソニーの加入によって、ブレイザーズは直近10試合で6勝を記録しており、現在はウェスタン・カンファレンス9位とプレイオフが望める位置まで戻ってきました。

アンソニーが良いプレイを続けている証拠として、今月の初めには彼の契約が保証されましたが、グリーンはそれについて驚くことは一切ありません。

「彼は素晴らしいプレイをしていて、チームが必要としているエネルギーと活気をもたらした」

[kanren postid="16670,16584"]

『ステフィン・カリー 努力、努力、努力 自分を証明できるのは、自分だけ』

  • 原著:Marcus Thompson,2
  • 著:マーカス トンプソン,2
  • 翻訳:東山 真

歴代最高のシューターとして謳われる、ステフィン・カリーの人生にフォーカスした待望の評伝の日本語版!

ウォリアーズファンはもちろん、全てのNBAファンにオススメの一冊です!

Amazon

楽天ブックス

Yahoo!ショッピング

-トピックス
-,

© 2021 NBA TOPICS