出場停止処分を終えたジョン・コリンズ「コントロールできれば二度と起こらないこと」

blank

出典:flipboard.com

アトランタ・ホークスのジョン・コリンズは、成長ホルモンの陽性反応による25試合の出場停止処分を訴える考えについて、取り下げることを明らかにしました。



『Atlanta Journal-Constitution』のサラー・スペンサー氏によれば、コリンズは次のようにコメントしています。

 

「最初の一歩を踏み出そうとした(訴えようとした)けど、チームともう一度話し合い、いくつかのことを話し合って、前進するのが最善だと判断した。でも、確かにそれ(訴えること)は検討していたよ」

 

さらにコリンズは、こう付け加えます。

 

「”あいつは不正を働く人間だ”というコメントを何度か見て、少し傷ついた。僕は不正を働く人間ではないし、自分をコントロールできれば二度と起こらないということを彼らに伝えたい」

 

12月23日(日本時間24日)のクリーブランド・キャバリアーズ戦で復帰したコリンズは、約35分間の出場で27得点、10リバウンドを記録しました。

 

blank

ビンス・カーターがNBAで長くプレイし続けられる理由

2019-12-21

待望の最新作
「NBA 2K20」

blank

シリーズ累計9,000万本の売上を誇るNBA公認のバスケットボールゲーム!
待望の最新作「NBA 2K20」をプレイし、本場NBAの感動や興奮を体感しましょう!