トピックス

リーグ首位のバックスを下した76ersの集中砲火「リーグで最高のプレイをしている」

12月25日(日本時間26日)に行われたミルウォーキー・バックス対フィラデルフィア・76ersのクリスマスゲームは、球団タイ記録となる1試合21本の3ポイントシュートを成功させた76ersが、121-109でリーグ最高勝率を記録しているバックスを下しました。

76ersのアル・ホーフォードは試合後、3ポイントシュートの雨を降らせたことについてこう語ります。

「コーチが試合前に、自身を持ってシュートを打ち続けてほしいと言ったんだ。僕たちには優れたシューターがたくさん居る。シュートで証明できることがたくさんあるんだ。今夜は、彼らが証明してくれた夜の一つだったね」

[kanren postid="16563"]



31得点、11リバウンドを記録した76ersのエンビードは、クリスマスゲームでの76ersの努力が今シーズン最高のパフォーマンスであったと語りました。

「僕たちはリーグで最高のプレイをしていることを示した。もちろん先はまだ長いけど、これからもずっと良くなっていくだろう」

76ersにとっての最大の課題は、エンビードが”暴走列車”と呼んだバックスのヤニス・アデトクンボを止めることでした。

そして結果的に、エンビードとホーフォードは昨シーズンのMVPでもあるアデトクンボを大いに苦しめ、フィールドゴール27本中8本成功の18得点に抑えました。

『ESPN Stats & Information』によれば、アデトクンボは1試合で18本以上のフィールドゴールを失敗したのはキャリア初の出来事です。

アデトクンボは試合後、「彼らは僕たちよりもハードにプレイしていた」と語りました。

「ショットが決まらない夜だってある。それでも、プレイを続けて、自分を信じ続けなければいけない。引き下がることはできないんだ。今夜は最高の夜ではなかったけど、チームメイトは僕にボールを打ち続けてほしいと言っている。だから僕は打ち続けなければいけないと思っているよ」

「今日はこれを経験する必要があった。こういうのは好きだよ。もちろん僕は誰にも負けたくないけど、こうして負けることで、いずれはチームとして良くなることもあると思う」

一方で76ersのブレット・ブラウン・ヘッドコーチは、チームがようやくリズムを掴みつつあると言いました。

両チームにとって、このクリスマスゲームは大きな収穫のあった一戦になったと言えるでしょう。

[kanren postid="16715,16746"]

『ステフィン・カリー 努力、努力、努力 自分を証明できるのは、自分だけ』

  • 原著:Marcus Thompson,2
  • 著:マーカス トンプソン,2
  • 翻訳:東山 真

歴代最高のシューターとして謳われる、ステフィン・カリーの人生にフォーカスした待望の評伝の日本語版!

ウォリアーズファンはもちろん、全てのNBAファンにオススメの一冊です!

Amazon

楽天ブックス

Yahoo!ショッピング

-トピックス
-,

© 2021 NBA TOPICS