トピックス

ウォリアーズのオーナーが、ケビン・デュラントのネッツ移籍に「意味が分からなかった」

ケビン・デュラントは2016年の夏にゴールデンステート・ウォリアーズへ移籍した後、3年間で2度の優勝に貢献し、その両方でファイナルMVPを受賞しました。

しかし、ウォリアーズで3年間を過ごした2019年の夏、彼はブルックリン・ネッツと契約することに決めました。

デュラントは最近、自身が昨シーズンの中盤辺りから移籍を検討していたことを明かしましたが、ウォリアーズのオーナーであるジョー・レイコブ氏は、デュラントが別の道を選んだ理由を理解できていません。



『95.7 The Game』に出演したレイコブ氏は、デュラントの移籍について次のように語りました。

「私はケビン・デュラントと親しかったが、彼が去ると決めたのであれば、私は怒ることはできない。私には(デュラントが移籍した)意味が分からなかったけどね。勝利、他の偉大な選手、新たなアリーナ。私には残留する理由が何でもあると思った。しかし、これは彼の人生だし、彼が権利を得たわけだから、彼に腹を立てることはできない。理由はどうであれ、彼は移籍したいと決断したんだ。

それをコントロールすることはできない。試してみたけどね」

この数ヶ月で明らかになった全てのことを考えると、デュラントはおそらく複数の理由で移籍を決断したと言えるでしょう。

しかし、今最も気にすべき問題は、そのようなことではありません。

重要なのは、彼がアキレス腱断裂から完全に回復し、再びNBAのコートに立つということです。

[kanren postid="17723,17718"]

-トピックス
-,

© 2020 NBA TOPICS