明日にでもケビン・ガーネットが叶えたい夢「シアトル・スーパーソニックスを購入したい」

今年バスケットボール殿堂入りを果たしたケビン・ガーネットにとって、シアトル・スーパーソニックスは厄介な相手の一つであり、キャリアを通じて27試合で8勝しかできませんでした。

だからこそ、ガーネットはスーパーソニックスを尊重しており、移転によって消えたチームを取り戻したいと考えています。



ガーネットは『AP』とのインタビューの中で、シアトルに深い親近感を持っていることを明らかにし、可能であればシアトルに再びNBAの火を灯したいと語りました。

「夢があるとすれば、シアトル・スーパーソニックスを購入し、パシフィック・ノースウェストを再び活性化させたいと思っている。シアトルは我々のリーグにとって巨大な存在だった。明日、私に一つできることがあるとすれば、そうすることだね」

ガーネットはまた、新型コロナウイルスという不確実な時代に直面する選手たちに向けて、「準備をしておくこと」とアドバイスを送りました。

「明日に全てを注ぐんだ。選手は準備しておかなければならない。私は可能な限りシャープさを維持していた。これは常に可能なことだ。この状況は誰か一人が経験していることではない。世界中の誰もが経験している問題なんだ」


いつでもNBAを楽しむには?

”NBA Rakuten”なら「NBA」をいつでも楽しめます!様々なプランから自分に合ったプランを選び、波乱の2019-20シーズンを堪能しましょう。10月31日まではディスカウントキャンペーンも実施中。