2019-20シーズン再開時に最も注目したい5人のルーキー

オーランドで2019-20シーズンが再開した後、変則的な日程に選手たちは苦しむ可能性があります。

当然、その中でスーパースターの牽引力は非常に重要となってきますが、このような事態だからこそ、チームの信頼を得たルーキーが試合にインパクトを残すことを期待できるかもしれません。

ということで、ここではそんな2019-20シーズン再開時に最も注目したい5人のルーキーを見ていくことにしましょう。

ケンドリック・ナン(マイアミ・ヒート)

タイラー・ヒーローもヒートの中核として活躍する素晴らしいルーキーの一人ですが、彼以上に注目したいのは、やはりケンドリック・ナンでしょう。

ナンはドラフト外入団によってキャリアをスタートさせたにも関わらず、62試合全てに先発として出場し、平均15.6得点、3.4アシスト、3ポイントシュート成功率36.2%を記録したほか、18試合で20得点以上を挙げています。

彼の得点能力がプレイオフでも発揮されれば、カンファレンス準決勝や決勝でミルウォーキー・バックス、トロント・ラプターズといったチームにも脅威を与えることが期待できます。

マティス・サイブル(フィラデルフィア・76ers)

オフェンス面ではインパクトに欠けるかもしれませんが、ディフェンス面について言わせればマティス・サイブルはスペシャリストです。

特にシーズン中断前は、チームが乱調や怪我によって打撃を受けたためサイブルの出場機会が増加し、最後の21試合で平均20分以上に出場しただけでなく、平均1.4スティールも記録しました。

既に76ersがプレイオフ進出を決めていることもあり、プレイオフ前の8試合でサイブルが一貫したパフォーマンスを見せてくれれば、チームの復調の大きな希望となる可能性があります。

ザイオン・ウィリアムソン(ニューオーリンズ・ペリカンズ)

ザイオン・ウィリアムソンのルーキーイヤーに満足し切れないNBAファンのためにも、彼が活躍する機会はまだ残されていました。

シーズンの前半こそ怪我で離脱していたウィリアムソンでしたが、復帰後の19試合で平均23.6得点、6.8リバウンド、フィールドゴール成功率58.9%は、言うまでもなく圧倒的です。

ウィリアムソン擁するペリカンズは現在ウェスタン・カンファレンス10位につけているため、プレイイン・トーナメントに出場する権利を得るには最低でも1つは順位を上げなければなりません。

その期待に応え、プレッシャーに打ち克てるかどうか――2019年のドラ1に注目です。

ジャ・モラント(メンフィス・グリズリーズ)

ウィリアムソンがシーズン前半に居なかったこともあり、2019-20シーズンの新人王はほぼ確実にジャ・モラントになるでしょう。

モラントは平均17.6得点、6.9アシスト、フィールドゴール成功率49.1%と、ルーキーとは思えないようなオフェンスの脅威となっています。

しかし、彼が証明すべきことはまだ終わっていません。

モラントを中心としたグリズリーズはウェスト8位と大健闘を見せているため、残りの8試合でその順位を維持し、(行われた場合は)プレイイン・トーナメントを勝ち切る必要があります。



八村塁(ワシントン・ウィザーズ)

日本人選手という意味だけでなく、チームの中核という意味でも、八村塁はシーズン再開後に注目したいルーキーの一人です。

8位のオーランド・マジックと5.5ゲーム差で離れているウィザーズはプレイオフ進出の希望こそ薄いものの、それでも4.0ゲーム差まで縮められればプレイイン・トーナメントに希望を残すことができます。

もちろん、ここまでのウィザーズを牽引してきたのはブラッドリー・ビールの存在が非常に大きいですが、平均13.4得点、6.0リバウンド、フィールドゴール成功率47.8%を記録している八村も、ルーキーの中では全く見劣りしないハイレベルなプレイを続けてきました。

八村の堅実なパフォーマンスがシーズン再開後のウィザーズの助けとなれば、大差をつけているマジックも後ろを振り返ざるを得なくなるでしょう。

待望の最新作
「NBA 2K20」

blank

シリーズ累計9,000万本の売上を誇るNBA公認のバスケットボールゲーム!
待望の最新作「NBA 2K20」をプレイし、本場NBAの感動や興奮を体感しましょう!